雑巾もバケツも不要!窓・窓ガラス簡単掃除術

win_befoafe03

 

掃除が苦手な私が例年、年末ギリギリまで放置しているのが窓掃除。バケツと雑巾、脚立を用意して…と、準備段階からすでに気が重~くなります。ところが、超簡単に窓がピカピカになる方法があるのだそう。家事研究家の高橋ゆきさんに聞きました。

寒いのに外で雑巾を絞りたくない!そんな不満を解消

これまで私が行っていた窓掃除の方法は、まずバケツの水に洗剤を薄め、雑巾を濡らして窓を拭き、乾拭きで仕上げるというもの。窓掃除はとにかく時間がかかり、バケツは重いし、拭き掃除にも力が必要だし、イライラしながらすることが多かったんです。

高橋さんのNGポイント!

・洗剤を薄める・・・手間と時間が余計にかかってしまいます!
・まず水拭き・・・ホコリは水を吸うとダマになって余計に汚くなってしまいます。
・雑巾を使って二度拭き・・・拭きムラや繊維残りの原因です。

窓ガラスの目立つ汚れは「ストッキングだんご」でオフ

IMG_0141a

まずは泥ハネや土ボコリ、窓を開け閉めする際についた指紋などの目立つ汚れから。高橋さんのアイデアグッズ、ストッキングに靴下を入れた「ストッキングだんご」を使います。

IMG_0139a

クルクルと丸めた靴下を、ストッキングに入れて、またクルクルと丸めるだけ。

IMG_0161a

汚れた部分をスッとなでるように拭くだけで、キレイになりました。汚れが軽い窓の内側から始め、汚れのひどい窓の外側も同様に行います。

ガラス用洗剤+スクイージーで窓全体をサクッとキレイに

そしていよいよ、本日のハイライト!窓ガラス全体の汚れを落としていきます。使用するのは、泡スプレーの「ガラスマジックリン」と、100円ショップなどで売っているスクイージーのみ!

まずは「ガラスマジックリン」を、Z字を書くように窓にスプレー。狙ったところに泡が広がってくれ、とてもスプレーしやすいです♪

IMG_0170a

そして、スクイージーで上から下へ拭き取ります。

IMG_0175a

「ガラスマジックリン」は2度拭きいらずのため、以上でフィニッシュです! 

さらに、マンゴースポンジでサッシの汚れを拭き取ります。マンゴースポンジは、市販のスポンジにカッターで切れ目をつけるだけなので、カンタン。なのに、サッシのレールにフィットして、汚れをしっかり拭き取るため、掃除は完璧です。

マンゴースポンジの作り方はこちら

IMG_0181a

全体に土ボコリがついて、窓の外がよく見えないほどだったのが、こんなにキレイになりました!

IMG_0177a

去年までの重労働は何だったの!?と思うくらいあっという間に終了した、今年の窓掃除。この方法なら寒い中、外で長時間雑巾仕事をしなくていいし、仕上がりもとってもキレイに。われながら、自分で掃除したとは思えません。時短&窓ピカピカが叶う掃除術、本当におすすめです!

高橋さんのOKポイント!

窓ガラスはまず「ストッキングだんご」でホコリを落とし、「ガラスマジックリン」とスクイージーで拭きムラ解消!
サッシの汚れは「マンゴースポンジ」がレールにフィット!

商品情報

たれにくい密着泡スプレーで、スッキリ汚れを落とします。2度ぶきいらずのガラス・鏡用洗剤

ガラスマジックリン

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!