よけいな物を置かない洗面所とお風呂の収納

wp-3

 

洗面所もお風呂も収納が少ないのに小物が多く、収納が苦手な人には難易度の高い場所。物が乱雑に置いてあると掃除が行き届かなくなり、カビや汚れも心配です。ライフオーガナイザーのさいとうきいさんに、洗面所とバスまわりをすっきり整理するコツを聞きました。

お風呂グッズは直置き厳禁! ラックにまとめて吊るしましょう

---カビが心配なので、お風呂は掃除のしやすさも重視したいのですが、シャンプーや石けんは使いやすい場所にないと不便です。この2つを両立させる解決策はあるんでしょうか?

床に直置きするのをやめると、掃除のしやすさが格段にアップしますよ。お風呂グッズはスチールラックなどにまとめ、シャワーフックやハンガーバーなどにかけて収納するのがおすすめです。床への直置きをやめると、お風呂が広く見える効果もあります。」

20160212-IMG_1364

---たしかに、さいとうさんのバスルームはスッキリしていて、広々した印象ですね。

出しっぱなしをやめれば、すっきりした洗面所に

---お風呂の洗剤や歯ブラシ類など、日々使う物が置いてある洗面所。さいとうさんはどんな工夫をされているのでしょうか?

出しっぱなしにする必要がある物は洗えるトレーなどにまとめておくのがおすすめ。掃除するときは、そのまま移動するだけでいいのです。

20160212-IMG_1344

---さいとうさんの家の洗面所はごらんの通り、スッキリしていてキレイ!たしかに、出しっぱなしが少なければ当然掃除がラクですよね。私の場合ですが、棚の上にいろいろな物を置きっぱなしにしているので、いちいちどかして掃除するのが面倒で……。でも、毎日使う物を置くにしても、トレーなどにまとめておくだけで、掃除がぐんとやりやすくなるんですね。勉強になります!

洗面所に出しておく必要がある物は、洗えるトレーなどにまとめてセット。掃除するときはトレーごと移動すればいいから、掃除が面倒になりません。

家族と共用することでグッズの数をダイエット!!

---ほかに工夫されていることはありますか?

物を増やさないことも収納テクのひとつなんですよ。シャンプーや洗顔料などは使い切ってから新しい物をおろす、シャンプー類は家族共用にして数を減らすなど、お風呂や洗面台に出ている物で”ダイエット”できる物がないか探してみてください。」

---なるほど!わが家ではストックの物が多かったり、家族それぞれ違うシャンプーやボディソープを使っていたりと、物が多いかもしれません。

洗剤は使い切ってから購入したり、シャンプー類は家族共用にしたりすると、収納スペースの節約に役立ちます。

見える場所に置く洗剤は、統一感を出すことがポイント

---お風呂や洗面所は小さな空間なだけに、ちょっとしたことで印象ががらりと変わります。しかも、汚れに気づいたらすぐ掃除できるよう、洗剤は手に取りやすい場所に置いておきたい……!ですが、洗剤が見えていると雑然とした印象になりがちです。さいとうさんが意識していることはなにかありますか?

「同じメーカーのシリーズで洗剤をそろえたり、ボトルの色を同系色にするなど、統一感を出すとスッキリして見えますよ。

---実用品であふれているお風呂や洗面所が雑然とするのはしかたがない……とあきらめていたのですが、ほんのちょっとの工夫で見た目がよくなるんですね。

派手なラベルがついている洗剤類は、ラベルが見えないように置くだけでも、ごちゃごちゃ感が減らせます。

ポイントがわかれば、常にきれいな状態を保てるし、掃除もしやすいから、取りかかりやすいですね!しかもシンプルなルールなので、簡単に守れる予感がします。

洗面所・お風呂の収納ポイントまとめ
・床に物を直置きしない
・グッズは1種類ひとつ
・見える場所に置く物には統一感を

取材協力:さいとうきいさん

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!