• 洗濯ネット
  • 平干し
  • 陰干し
  • おしゃれ着用洗剤
  • 30℃以下

絵表示を確認し、水洗いOKであれば家庭でもお手入れできます。低温でやさしく洗いましょう。柔軟剤を使うとふんわり仕上がり、静電気も防げます。

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取り扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

「水洗い不可マーク」 「水洗い不可マーク」 がついていたら、水洗いできません。

準備

使用洗剤の確認

  • 中性のおしゃれ着用洗剤

柔軟剤を使うと、肌ざわりよく仕上がり、静電気の防止にもなります。

洗濯機のコース設定

「手洗い(ドライ)コース」を使いましょう。

はじめて洗うとき

  • 色落ちテストをする

目立たないところに使用する液体洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます。

<色落ちテストで色がついたら>

  • <「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 の場合>
    単独で手早く洗います。お湯は色落ちしやすいので、使わないようにしましょう。

洗濯機での洗い方

シミ・汚れがあるとき

おしゃれ着用洗剤の原液を少量つけて、なじませておきます。

洗濯ネットに入れる

えり、そで口、前身ごろ、ひじなど、汚れやすい部分が外側になるようにたたんで洗濯ネットに入れて洗います。

えり、そで口、前身ごろ、ひじなど、汚れやすい部分が外側になるようにたたんで洗濯ネットに入れて洗いますえり、そで口、前身ごろ、ひじなど、汚れやすい部分が外側になるようにたたんで洗濯ネットに入れて洗いますえり、そで口、前身ごろ、ひじなど、汚れやすい部分が外側になるようにたたんで洗濯ネットに入れて洗います

縮みを防ぐために、ウールやカシミヤは、必ず30℃以下の水で手早くやさしく洗いましょう。
お風呂の残り湯などの温水は、縮みの原因となりますので避けましょう。

手洗いする場合には、おしゃれ着用洗剤で押し洗いしましょう。
押し洗いの手順

干し方

必ず陰干しする

脱水したら、タテ・ヨコ2つに軽くたたみ直し、たたいてシワをのばす

  1. 脱水したら、タテ・ヨコ2つに軽くたたみ直し、たたいてシワをのばす
  2. 広げて軽くたたきながら、形をととのえる

 

 

のびてしまわないよう、必ず平干しにする

  1. のびてしまわないよう、必ず日陰で平干しにする

日光による黄ばみや色あせを防ぐために、必ず日陰に干しましょう。

ローゲージのセーターは、伸びたり型くずれしたりすることがあるので、平干しがおすすめ。

平干し台がない場合、ピンチハンガーの上に広げても便利です

平干し台がない場合、ピンチハンガーの上に広げても便利です。浴槽のフタでも代用できます。

平干しする場所がない場合、ハンガーの肩にタオルをくるくる巻いてつり干し、またはさお干しにしてもOKです

平干しする場所がない場合、ハンガーの肩にタオルをくるくる巻いてつり干し、またはさお干しにしてもOKです。

 

アイロンのかけ方

スチームの浮かせがけをする

たっぷりとスチームを出しながら、アイロンを浮かせてかけます

たっぷりとスチームを出しながら、アイロンを浮かせてかけます。

強く押しつけると、ふっくらなめらかな風合いが台なしになってしまいます。

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!