• 洗濯ネット
  • つり干し

必ず色落ちテストをしてから洗いましょう。バスタオルとあて布を使ってアイロンをかけると、立体的な仕上がりに。

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取り扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 sentakuki か「手洗いマーク」 “手洗い" がついていたら、水洗いOKです。

準備

使用洗剤の確認

  おしゃれ着用中性洗剤
(エマール)
一般衣料用無蛍光洗剤
(ウルトラアタックNeoなど)
一般衣料用洗剤(蛍光剤配合)
(アタック 高活性バイオEXなど)
取り扱い絵表示に「中性」とあるもの 「中性」 × ×
取り扱い絵表示に「中性」とないもの きなりや淡い色のもの ×
それ以外
※汚れの程度に合わせてお選びください

◎おすすめ ○使用可能 ×使用不可

柔らかい肌触りに仕上げたいときは、柔軟剤を使いましょう。

洗濯機のコース設定

取り扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取り扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

はじめて洗うとき(色物・柄物の場合)

  • 色落ちテストをする

目立たないところに使用する液体洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます。

<色落ちテストで色がついたら>
色がついた場合は、単独で手早く洗いましょう。

洗い方

部分汚れがあるとき

部分洗い用洗剤をスプレーしておくか、使用する液体洗剤の原液を塗布しておく

すそまわりなどに汚れがあるときは、洗濯前に処理をしておきます。

 

<取り扱い絵表示に「中性」とないもの>

  • 部分洗い用洗剤をスプレーしておくか、使用する液体洗剤の原液を塗布しておく

<取り扱い絵表示に「中性」とあるもの>

  • おしゃれ着用洗剤の原液を塗布しておく

洗濯ネットに入れる

ボタンやファスナーは閉じ、他の衣類とからまって繊維がのびたり、ひっかかったりしないよう、必ず洗濯ネットに入れて洗いましょう。

干し方

筒状につり干しする

  1. 脱水後、すぐににとり出して、手のひらで軽くたたいてシワをのばし、形をととのえる

裏返して、ピンチハンガーに腰まわりをとめて、筒状に干す

  1. 裏返して、ピンチハンガーに腰まわりをとめて、筒状に干す

 

アイロンのかけ方

あて布をしてかける

ポケットやファスナーまわり、縫い目はキレイにのばしながら、裏からかける

  1. ポケットやファスナーまわり、縫い目はキレイにのばしながら、裏からかける
  2. 表はあて布をしてかける
  3. 腰まわりにバスタオルを丸めて入れてアイロンをかけ、立体的に仕上げる

チノパンは、裏腰まわり→裏股下→両脇→前タック・ポケット口→ライン位置あわせ→ライン→脚部の順にアイロンをあてるときれいに仕上げられます。

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!