• ハンガー干し
  • おしゃれ着用洗剤

ウォッシャブルスーツは家庭で洗うことができます。スーツの上下は、一緒に洗濯しましょう。アイロンがけはバスタオルを上手に活用して立体的にかけましょう。

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取り扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

「水洗い不可マーク」 「水洗い不可マーク」 がついていたら、水洗いできません。

準備

使用洗剤の確認

  • 中性のおしゃれ着用洗剤

洗濯機のコース設定

「手洗い(ドライ)コース」、または「弱水流」で洗いましょう。

シワを防ぐために、脱水は短めに。

はじめて洗うとき

  • 色落ちテストをする

目立たないところにおしゃれ着用洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます。

<色落ちテストで色がついたら>
色がついた場合は、単独で手早く洗いましょう。

洗い方

シミ汚れがあるとき

おしゃれ着用洗剤の原液を少量ぬって、なじませておきます。

洗濯ネットに入れる

型くずれしないように、ボタンやファスナーは閉じておきます

型くずれしないように、ボタンやファスナーは閉じておきます。
えり・そで・パンツのすそなど、汚れの気になる部分ができるだけ表に出るようにたたみ、洗濯ネットに入れて洗います。

折りたたみ方、洗濯ネットの有無は、タグ表示などの指示にしたがってください。

ジャケットとパンツ、スカートは別々のネットに入れて、セットで洗濯しましょう。分けて洗うと、色の差ができてしまうことがあります。

干し方

ジャケットの干し方

  1. 脱水後、すぐににとり出して、手のひらで軽くたたいてシワをのばし、形をととのえる

厚手のハンガーにかけて干す

  1. 厚手のハンガーにかけて干す

 

 

パンツ・スカートの干し方

  1. 脱水後、すぐににとり出す
    手のひらで軽くたたいて、ベルト部や脇などの縫い目の部分を軽くのばし、折り線がとれないように形をととのえる

センタープレスのあるものは表で、センタープレスのないものは裏返しにして、ピンチハンガーでつり干しに

  1. センタープレスのあるものは表で、センタープレスのないものは裏返しにして、ピンチハンガーでつり干しに
    必ず陰干しにする

outer01_04シワや収縮の原因となるので、乾燥機の使用はNG。

 

アイロンがけのポイント

ウォッシャブルスーツはシワが気になるところをアイロンをかけるだけでも、きれいに仕上がります。

ポイントを押さえてアイロンがけをしましょう。

ジャケットのアイロンがけのポイント

シワがつきにくいように、裏地、表地の順でかける

  • シワがつきにくいように、裏地、表地の順でかける

 

 

 

肩・袖の部分は、筒状に丸めたバスタオルを内側にあて、丸みにそって軽くかけると立体的に仕上がる

  • 肩・袖の部分は、筒状に丸めたバスタオルを内側にあて、丸みにそって軽くかけると立体的に仕上がる

 

 

パンツのアイロンがけのポイント

  • ポケットやファスナーまわりは、裏からかける
  • 腰まわりは、丸めたバスタオルを内側にあて、アイロンを軽くあてながら、形をととのえる

脚の部分は、縫い目の上下をあわせて、片足ずつすそから上に向かって仕上げる

  • 脚の部分は、縫い目の上下をあわせて、片足ずつすそから上に向かって仕上げる

スカートのアイロンがけのポイント

  • 裏返し、縫い目部分を開いて全体にかける
  • プリーツがある場合には、表にあて布をして、軽く押さえるようにかける
  • ウエスト部分は、たたんだバスタオルを入れてかける

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!