• 洗濯ネット
  • 陰干し

摩擦に弱いのでやさしく洗い、脱水後は毛並みを整えましょう。濃色のものは色落ちや色移りしやすいので、他の洗濯物とは分けて単独洗いを。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

新表示の場合はがついていたら、家庭で洗濯ができます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

「水洗い不可マーク」 「水洗い不可マーク」 がついていたら、水洗いできません。
新表示の場合はがついていたら、家庭での洗濯ができません。

準備

使用洗剤の確認

  おしゃれ着用中性洗剤
(エマール)
一般衣料用洗剤(蛍光剤無配合)
(ウルトラアタックNeoなど)
一般衣料用洗剤(蛍光剤配合)
(アタック 高活性バイオEXなど)
取扱い絵表示に「中性」とあるもの 取り扱い絵表示に「中性」とあるもの × ×
新表示「中性洗剤使用」または「中性」表示のあるもの 取り扱い絵表示に「中性」とあるもの × ×
取扱い絵表示に「中性」とないもの きなりや淡い色のもの ×
それ以外
※汚れの程度に合わせてお選びください

◎おすすめ ○使用可能 ×使用不可

柔軟剤を使うと、肌ざわりよく仕上がります。

洗濯機のコース設定

取扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース
新しい取扱い表示 「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

※洗濯機の機種により異なります。各洗濯機メーカーのホームページの取扱い説明書等をご確認ください。

シワや毛羽立ちを防ぐために、脱水は短めに。

はじめて洗うとき

色落ちテストをする

  • 色落ちテストをする

目立たないところに使用する液体洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます。

<色落ちテストで色がついたら>
色がついた場合は、単独で手早く洗いましょう。

洗い方

シミ汚れがあるとき

使用する液体洗剤の原液を少量ぬって、なじませます。

洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れる

摩擦に弱いので、必ず洗濯ネットに入れましょう。
型くずれしないように、ボタンやファスナーは閉じ、汚れの気になる面を表にして洗濯ネットに入れて洗います。

干し方

日陰でハンガー干しする

色落ちテストをする

  1. 脱水後すぐに取り出して振りさばく

 

色落ちテストをする

  1. 軽くたたいてシワをのばし、毛並みをそろえておく

 

「手洗いマーク」

  1. 縫い目をのばして形をととのえてから厚手のハンガーにかけ、陰干しする

色あせを防ぐために、必ず陰干ししましょう。

アイロンをかける場合には、あて布をして中温(140~160℃)でスチームの浮かしがけをしましょう。

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!