ドロ汚れは、乾いてしまうと繊維の中に入りこんで落ちにくくなるので、部分洗いやつけおき洗いで落としましょう。

準備

使用洗剤の確認

  おしゃれ着用中性洗剤
(エマール)
一般衣料用洗剤(蛍光剤無配合)
(ウルトラアタックNeoなど)
一般衣料用洗剤(蛍光剤配合)
(アタック 高活性バイオEXなど)
取り扱い絵表示に「中性」とあるもの 中性 × ×
取り扱い絵表示に「中性」とないもの きなりや淡い色のもの ×
それ以外
※汚れの程度に合わせてお選びください

◎おすすめ ○使用可能 ×使用不可

酸素系漂白剤入りの洗剤を使ったり、洗剤といっしょに酸素系漂白剤を入れたりすると、色柄物でもすっきり洗い上げることができます。

「エンソサラシ×マーク」 エンソサラシ不可"  がついていなければ、塩素系漂白剤も使えます。

柔軟剤を使うと、肌ざわりがよくなるだけでなく、防臭・抗菌効果があるものも。目的にあわせて使い分けましょう。

洗濯機のコース設定

取り扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取り扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

ドロがついている場合には

ドロが他の洗濯物につかないように、表面の土をよくはらい落としておきます。

洗い方

汚れがひどいときは、部分洗い用洗剤か、使用する液体洗剤を塗布し、もみ洗いしておきます。

<ガンコな汚れにおすすめ 高濃度つけおき洗濯>
1. 漂白剤入りの洗濯用洗剤を、使用量の目安の6倍程度の薄さに溶かす
2. くつしたを入れ、色柄物なら2~3時間(最大8時間まで)、白物なら一晩ほどつけおき洗いをする
★金属類(ファスナー、ボタン、フックなどの留め具)がついたもののつけおきは、1時間以内にしてください。

干し方

つり干しする

ゴム部分を上にして、ピンチハンガーでつり干しします

ゴム部分を上にして、ピンチハンガーでつり干しします。

はさんだ跡が目立たない部分をピンチでとめましょう。

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!