• おしゃれ着用洗剤

色落ちしやすいので、必ず色落ちテストをしてから、手洗いで素早く洗うのがポイント。干さずに生乾きでアイロンがけしましょう。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 sentakuki か「手洗いマーク」 tearai がついていたら、水洗いOKです。

新表示の場合はがついていたら、家庭で洗濯ができます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

「水洗い不可マーク」 tearai がついていたら、水洗いできません。
新表示の場合はがついていたら、家庭での洗濯ができません。

準備

使用洗剤

  • 中性のおしゃれ着用洗剤

はじめて洗うとき

  • 色落ちテストをする

目立たないところに、中性のおしゃれ着用洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます。

<色落ちテストで色がついたら>

  • <「洗濯機マーク」 sentakuki 「手洗いマーク」 tearai の場合>
  • <新表示の場合>
    単独で手早く洗います。お湯は色落ちしやすいので、必ず30℃以下の水で洗いましょう。

シミ汚れがあるとき

おしゃれ着用洗剤の原液を少量ぬって、軽くなじませておきます。

道具を準備しておく

accessory05_01

水洗いしたあと、手早く処理するために、道具を準備しておきます。

  • アイロンを中温に温めておく
  • バスタオルを用意する

手洗いの方法

手早く振り洗いする

accessory05_02

  1. 洗いおけにおしゃれ着用洗剤を手洗い濃度にとかす
  2. 端を持って、手早く振り洗いする
  3. 水をかえて、振り洗いと同じ要領で2回すすぐ
  4. 手で軽く押してしぼったあと、バスタオルにはさんで水気をとる

肌ざわりよく仕上げたいとき

柔軟剤を使うと、肌ざわりよく仕上がります。

すすぎの水がきれいになったら、柔軟剤を入れ、3分ひたしてバスタオルで水気をとりましょう。

よりしなやかに・もっとハリを持たせたいときは、柔軟剤をのり剤をブレンドすると、好みの風合いに仕上がります。
柔軟剤とのり剤のブレンドの方法

アイロンのかけ方

生乾きでアイロンをかける

accessory05_03

  1. 乾いてからだとシワをとりにくくなるので、干さずにすぐ、形をととのえてから、中温のドライでアイロンをかける
  2. 自然乾燥して仕上げる

outer01_04outer01_04スチームアイロンや霧吹き、アイロン用のり剤などは、シミになる場合があるので、使わないでください。

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!