• 洗濯ネット

とくに汚れの目立ちやすいレースのカーテンは、定期的に洗濯しましょう。干すときはカーテンレールにかけるだけなので、手軽です。

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取り扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

「水洗い不可マーク」 「水洗い不可マーク」 がついていたら、水洗いできません。

準備

使用洗剤の確認

  おしゃれ着用中性洗剤
(エマール)
一般衣料用無蛍光洗剤
(ウルトラアタックNeoなど)
一般衣料用洗剤(蛍光剤配合)
(アタック 高活性バイオEXなど)
取り扱い絵表示に「中性」とあるもの 中性 × ×
取り扱い絵表示に「中性」とないもの きなりや淡い色のもの ×
それ以外
※汚れの程度に合わせてお選びください

◎おすすめ ○使用可能 ×使用不可

汚れがひどいときは、洗剤と一緒に酸素系漂白剤を入れて洗いましょう。

洗濯機のコース設定

取り扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取り扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

シワにならないよう、脱水は短めに。

洗い方

シミ汚れがあるとき

すそ・ギャザー部分などは汚れやすいところ。目立つシミがある場合には、酸素系漂白剤(部分用)をスプレーして、すぐ洗濯します。

屏風だたみをしてネットに入れる

洗濯機ネットのサイズにあわせて、タテ・ヨコの順に折り(屏風だたみ)、洗濯ネットに入れて洗う

  1. フックをはずし、汚れがひどいときは外でホコリをはらう
  2. 洗濯機ネットのサイズにあわせて、タテ・ヨコの順に折り(屏風だたみ)、洗濯ネットに入れて洗う

洗濯機の取扱説明書にしたがって洗ってください。機種によってはネット使用をすすめていないものもあります。

汚れている部分がある場合には、その部分が表になるように入れましょう。

特に汚れが気になるときは、洗濯液を替えて2度洗いします。

干し方

洗ったカーテンに汚れがつかないように、カーテンレール、網戸、窓ガラスは、カーテンを洗っているあいだにきれいにふいておきましょう。
カーテンレールの掃除

カーテンレールにかけて干す

脱水後すぐに洗濯槽から出して、たたいてシワをのばし、そのままカーテンレールにかけて、形をととのえて干すと、ドレープもきれいに仕上がります

脱水後すぐに洗濯槽から出して、たたいてシワをのばし、そのままカーテンレールにかけて、形をととのえて干すと、ドレープもきれいに仕上がります。

 

 

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!