• 洗濯ネット
  • 陰干し

食べこぼしのシミは、スプレータイプの酸素系漂白剤で簡単にスッキリします。のり剤を使ってパリっと仕上げると、アイロンがけもラクに。

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取り扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

準備

使用洗剤

  おしゃれ着用中性洗剤
(エマール)
一般衣料用洗剤(蛍光剤無配合)
(ウルトラアタックNeoなど)
一般衣料用洗剤(蛍光剤配合)
(アタック 高活性バイオEXなど)
取り扱い絵表示に「中性」とあるもの 中性 × ×
取り扱い絵表示に「中性」とないもの きなりや淡い色のもの ×
それ以外
※汚れの程度に合わせてお選びください

◎おすすめ ○使用可能 ×使用不可

洗濯機のコース設定

取り扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取り扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

洗い方

シミ・汚れがあるとき

シミ汚れには、酸素系漂白剤(部分用)を気になる部分にスプレーして、すぐ洗濯します

シミ汚れには、酸素系漂白剤(部分用)を気になる部分にスプレーして、すぐ洗濯します。

 

撥水加工のものは、汚れをすぐにふきとるようにしましょう。そのままにしておくとシミになり、落ちにくくなります。

 

洗濯ネットに入れる

汚れている部分を外側にして洗濯ネットに入れて、洗濯機で洗います。

テーブルクロスなどサイズの大きいものは、タテ・ヨコの順に折り(屏風だたみ)、大きめのネットに入れましょう。

フリンジあるもの、装飾がついているものは、ひっからないようネットに入れて洗いましょう。

のり剤を使いたいとき

のり剤を使うと、パリッと仕上がり、アイロンなしでもきれいに仕上がります。

  1. 他の衣料といっしょに洗濯したあと、のりづけしたいものだけ残して「洗い」と「脱水」にセットする
  2. 水がたまったら、衣料に直接かからないようにのり剤を入れる
  3. 3分ほど洗濯機をまわしたら、軽めに脱水する

洗濯機の柔軟剤投入口には入れないでください。中で固まる可能性があります。

ドラム式洗濯機の場合、必ず洗濯機の取扱説明書にしたがってください。

干し方

風通しのよいところで、陰干しする

日光による黄ばみ・色あせを防ぐため、陰干しします。

アイロンのかけ方

九分どおり乾いたところで、アイロンがけをすると、簡単にシワをのばすことができます

九分どおり乾いたところで、アイロンがけをすると、簡単にシワをのばすことができます。

テーブルクロスは、かけたときにめくれあがるのを防ぐため、フチまでしっかりかけましょう。

スプレータイプのアイロン用のり剤を使うと、手軽にパリッと仕上げられ、仕上がりが長持ちします。

撥水加工してあるものは、表側からかけると、色が変化することがあるので、必ず裏側からかけます。
(熱を加えることで撥水効果がよみがえります)

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!