• 洗濯ネット
  • 陰干し

裏返して、四隅のゴミをとりのぞいてから洗濯を。のり剤を使うと、たたいて干すだけでパリッと仕上がり、四隅の形もととのいます。

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取り扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

準備

使用洗剤の確認

  おしゃれ着用中性洗剤
(エマール)
一般衣料用無蛍光洗剤
(ウルトラアタックNeoなど)
一般衣料用洗剤(蛍光剤配合)
(アタック 高活性バイオEXなど)
取り扱い絵表示に「中性」とあるもの 中性 × ×
取り扱い絵表示に「中性」とないもの きなりや淡い色のもの ×
それ以外
※汚れの程度に合わせてお選びください

◎おすすめ ○使用可能 ×使用不可

洗濯機のコース設定

取り扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取り扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

洗い方

部分汚れがあるとき

洗濯前に処理をしておきます。

<取り扱い絵表示に「中性」とないもの>

部分洗い用洗剤をスプレーしておくか、使用する液体洗剤の原液を塗布しておく

<取り扱い絵表示に「中性」とあるもの>

おしゃれ着用洗剤の原液を塗布しておく

ホコリやごみを取っておく

洗濯前に裏返して、四隅や縫い目のホコリ・ごみを取っておきましょう

洗濯前に裏返して、四隅や縫い目のホコリ・ごみを取っておきましょう。

 

 

洗濯ネットに入れる

汚れの気になる部分が表に出るようにたたみ、ボタンやファスナーは閉じて、洗濯ネットに入れて洗います。

プリントされているもの、ビーズなど装飾がついているものは、裏返してネットに入れます。

干し方

陰干しにする

縫い目を伸ばし、形をととのえる

  1. 脱水後すぐに取り出し、たたんでパンパンたたいてシワをとる
  2. 縫い目を伸ばし、形をととのえる
  3. 日光による黄ばみ・色あせを防ぐため、日陰で干す

濃色の場合は、色あせを防ぐために必ず陰干しで。裏返して干すのもおすすめです。

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!