「取扱い絵表示」は、衣料などの内側についているラベルに書かれています。その衣料に合った洗濯、お手入れ方法を示した大切な案内役です。初めて洗うときは、必ず確認しておきましょう。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

取扱い絵表示の見方

取扱い絵表示とは

取り扱い絵表示とは多くの「取扱い絵表示」は、衣料などの内側についています。

意味を理解して、適切な方法で洗濯、お手入れしましょう。

 

 

代表的な絵表示の見方

液温は40℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい

  • 洗濯機で水洗いができることを表しています。

    「弱」
    :洗濯機の「弱水流」(「手洗いコース」や「弱水流」)がよい。手洗いなら押し洗いや振り洗いがよい。

    「30」:数字は洗濯液の温度の上限(30℃まで)を表している。
    表示の温度を超えると、衣料が縮んだり、色落ちしたりするおそれがあるので注意しましょう。

液温は30℃を限度とし、弱い手洗いがよい(洗濯機は使用できない)

  • 弱い力で水洗いができることを表しています。

    「手洗イ」:手洗いで押し洗いや振り洗いがよい。最近の洗濯機ならば洗濯ネットに入れて、「手洗いコース」や「ドライコース」などでも洗うことができます。

    「30」:数字は洗濯液の温度の上限(30℃まで)を表している。

    「中性」:「中性洗剤」を使う。

液温は30℃を限度とし、弱い手洗いがよい(洗濯機は使用できない)

  • 水洗いはできないことを表しています。
    ただし、素材や洗い方など注意すれば洗えるものもあります。

ドライマーク表示 drydry_sekiyu  は、「ドライクリーニングができる」という意味で、「ドライクリーニングしかできない」という意味ではありません。
tearai ・dry や sentakukidry であれば、家で水洗いできます。

家庭用品品質表示法による取扱い絵表示一覧

洗い方(水洗い)

洗濯機洗いOK液温は40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる

  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる

液温は40℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい

  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい

液温は30℃を限度とし、弱い手洗いがよい(洗濯機は使用できない)

  • 液温は30℃を限度とし、弱い手洗いがよい(洗濯機は使用できない)※

水洗いはできない

  • 水洗いはできない

※1968年の制定当時は、二槽式洗濯機が主流だったことから、「洗濯機は使用できない」となっていましたが、現在の全自動洗濯機、ドラム式洗濯機ではやさしく洗える「手洗いコース」や「ドライコース」などがあるので、洗濯機でも洗えるようになっています。

塩素漂白の可否

塩素系漂白剤による漂白ができる

  • 塩素系漂白剤による漂白ができる

塩素系漂白剤による漂白はできない

  • 塩素系漂白剤による漂白はできない

アイロンのかけ方

アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180℃から210℃まで)でかけるのがよい

  • アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180℃から210℃まで)でかけるのがよい

アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140℃から160℃まで)でかけるのがよい

  • アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140℃から160℃まで)でかけるのがよい

アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80℃から120℃まで)でかけるのがよい

  • アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80℃から120℃まで)でかけるのがよい

アイロンがけはできない

  • アイロンがけはできない

ドライクリーニング

ドライクリーニングができる 溶剤はパークロルエチレン、または、石油系のものを使用する

  • ドライクリーニングができる
  • 溶剤はパークロルエチレン、または、石油系のものを使用する

ドライクリーニングができる 溶剤は石油系のものを使用する

  • ドライクリーニングができる
  • 溶剤は石油系のものを使用する

ドライクリーニングはできない

  • ドライクリーニングはできない

しぼり方

手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞るのがよい

  • 手しぼりの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間でしぼるのがよい

平干しがよい

  • しぼってはいけない

干し方

つり干しがよい

  • つり干しがよい

日陰のつり干しがよい

  • 日陰のつり干しがよい

平干しがよい

  • 平干しがよい

洗濯前の処理

  • 日陰の平干しがよい

付記表示の例

洗濯前の処理

  • 洗濯機で洗うときは、洗濯ネットに入れて洗う

洗濯前の処理

  • アイロンをかけるときは、あて布をする

海外の絵表示一覧

海外製の衣料品には、ISO(国際標準化機構)で決められた、国際規格の表示がついています。

取扱い絵表示の変更

2016年12月1日より、日本の取扱い表示も、ISO(国際規格)と同じ記号を使うことになりました。
新しい取扱い表示とは?

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!