漂白剤は汚れやシミを落とすだけでなく、黄ばみ・黒ずみを防いだり、ニオイを取り除いたり、除菌をしたりする効果もあります。
大きく2種類にわかれるので、目的と衣料の素材、白物か色柄物かに応じて使い分けましょう。

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

酸素系漂白剤

白物はもちろん、色柄物にも使えます。

洗濯のときに、洗剤といっしょに使います。

シミ汚れからくすみ・ニオイまですっきり落とし、除菌もできます。

液体タイプ

シミや汚れに直接つけることができて、効果的です。

つけおきするときは、洗剤といっしょに使います。

  • 水洗いできる白物、色柄の繊維製品(木綿、化学繊維、)、新表示:または、の記号のついたものは洗える

 ※ただし、従来表示:tearai_ng または、新表示:表示のあるものは洗えない

<酸素系漂白剤液体タイプの例>

粉末タイプ

洗剤なしでもつけおきできます。

生地を傷めたり、色落ちしたりすることがあるので、2時間以上は浸さない

毛(ウール)絹(シルク)には使えない

※中性洗剤使用、液体洗剤漂白剤使用の表記がある場合には使えない
(※粉末漂白剤は、粉末洗剤と同様に、水に溶かすと弱アルカリ性になるため、などには使えない)

<酸素系漂白剤粉末タイプの例>

塩素系漂白剤

漂白力が強く、除菌・消臭効果の高い漂白剤です。 綿ポリエステルアクリルなどの水洗いできる白物専用です。

※色柄物には使用できない

毛(ウール)絹(シルク)ナイロンアセテートポリウレタンには使えない

※従来表示: ensosarashi_ng または、新表示:のついたものには使えない

※金属製の付属品(ファスナー、ボタン、ホック等の留具)がついた衣料には使えない

※一部の樹脂加工された繊維製品(ワイシャツのえり、そで口など)で黄変することがある

※衣類に不着した日やけ止め成分の一部が反応して、ピンク色に変色(着色)することがある

<塩素系漂白剤の例>

還元系漂白剤

鉄分や赤土などで黄ばんだり、樹脂加工された衣類が塩素系漂白剤で黄ばんだりしたときの回復に。 白物専用です。水洗いできるすべての繊維に使えます。

※色柄物には使えない

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!