衣料は着用と洗濯をくり返すうちに、次第に硬くゴワゴワして肌ざわりが悪くなったり、型くずれしたりして、ハリを失っていきます。
柔軟剤やのり剤には、それらを戻す効果があるので、上手に使い分けましょう。

柔軟剤

基本的な効果

  • 衣料をふんわりやわらかく仕上げる
  • 静電気を防ぎ、まとわりつきやホコリの吸着による黒ずみを防ぐ
  • 繊維同士のすべりをよくし、衣料の毛玉・毛羽立ちを防ぐ
  • 洗濯ジワや、脱水後の衣料のからまりを防ぐ

<柔軟剤の例>

柔軟剤の種類とプラスアルファの効果

基本機能に以下の効果をプラスしたものもあります。

<香りが長続きする柔軟剤の例>

水分、汗&動きを感じるたび、新鮮な香りがわきたちます。

<抗菌仕上げ効果のある柔軟剤の例>

抗菌仕上げをすることで、室内干しのニオイを防ぎます。

使い方

<全自動洗濯機・ドラム式洗濯機の場合>

あらかじめ柔軟剤の自動投入口に入れておくと、 最後のすすぎのときに自動的に柔軟剤が投入されます。

<手洗いの場合>

すすぎの水がきれいになったら、柔軟剤を水に溶かし、3分間ほどつけおきします。ときどきかきまぜるといっそう効果的。

使用量は、商品の表示にある「使用量の目安」を参考にしましょう。

のり剤

効果

  • 生地に適度なハリとコシを持たせ、パリッと仕上げる
  • 衣料の形を整え、型くずれを防ぐ
  • 衣料の表面をのりが覆うので、繊維に汚れがつきにくくなる
  • ついた汚れが洗濯のときにのりといっしょにはがれて、汚れが落ちやすくなる

使い方

<全自動洗濯機の場合>

  1. 「洗い」と「脱水」にセットして、衣料がひたるくらいの水をはり、のり剤を溶かして衣料を入れる
  2. 3分間ほど洗濯機を回す
  3. 軽めに脱水する

他の衣料と一緒に洗濯する場合は、洗濯終了後に、のりづけする衣料だけ残して低水位で「洗い」と「脱水」にセットし、水がたまったら、衣料に直接かからないようにのり剤を入れましょう。

洗濯機の柔軟剤投入口には入れないでください。中で固まる可能性があります。

<ドラム式洗濯機の場合>

取扱説明書を必ず確認の上、記載された方法に従ってください。

<手洗いの場合>

  1. 衣料がつかる程度の水をはり、のり剤を入れ、かきまぜる
  2. 1に脱水した洗濯物をひたして、指先でやさしくもみ込む
  3. 洗濯機で軽めに脱水する。

注意とポイント

のり剤の使用量は、衣料の種類と枚数で決めてください。洗濯機・手洗いどちらの場合も、水量はのりづけする衣料がつかるだけの量があれば充分です。多少多くても仕上がりには影響しません。

柔軟剤といっしょに使用してもOK。

のりづけした衣料は、乾燥機にはかけないでください。 乾燥機のフィルターの目詰まりなどにより故障する原因となります。
浴室乾燥機でのつり干しには問題ありません。

柔軟仕上げ剤とのり剤のブレンド仕上げ

効果

柔軟剤とのり剤をブレンドすると、ハリだけでなくしなやかさも出すことができ、両方の風合いを活かした仕上がりにすることができます。

使い方(全自動洗濯機の場合)

  1. 「洗い」と「脱水」にセットして、洗濯槽に衣料がつかる程度の水をはる
  2. のり剤と柔軟剤を入れ、かきまぜる
  3. 衣料を入れ、3分間ほど洗濯機を回す
  4. 軽めに脱水する

使用量の目安

<カットソー1枚の場合>

のり剤(3ml):柔軟剤(3ml):よりしなやかに仕上がります。

<ポロシャツ1枚の場合>

のり剤(3ml):柔軟剤(2ml): しなやかでありながら、パリッとした風合いがでます。

<ワイシャツ1枚の場合>

のり剤(4ml):柔軟剤(2ml): よりパリッと仕上がります。

※柔軟剤の使用量の目安は、「ハミングフレア」「フレアフレグランス」の場合です。

少量で効果が出るので、最初からたくさん入れすぎないようにしましょう。

 

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!