メガネやマスクで花粉をガードすることも大切ですが、実は衣類の洗い方や干し方を工夫することで、衣類に付着する花粉の量を軽減できます。
花粉シーズンの習慣にしましょう。

洗濯でできる花粉対策

洗濯のコツ

ついた花粉は洗濯で落とせます。
家で洗えるものは、洗濯によって花粉をしっかり除去しておきましょう。

柔軟剤で付着予防

柔軟剤には静電気防止効果があるため、静電気による衣類への花粉の付着を減らすことができます。

花粉付着抑制効果モデル実験
花粉付着抑制効果モデル実験

<試験法>

木綿試験布を各条件で処理した後、花粉を入れた密閉容器中で振とうし、付着した花粉数を計数した。

※モデル系の実験だけでなく、実際に洗濯物を屋外に干した場合にも付着量が減少する傾向があることを確認しています (第57回日本アレルギー学会秋季学術大会にて発表済み)

 

干し方のコツ

外干しした洗濯物を取り込む前に、1枚ずつ振り払いましょう。

花粉症の方は、マスクやメガネを着用し、最後に自分の着ている衣類をはらってから家に入りましょう。

花粉の飛散量が多いときには、室内干しをおすすめします。

衣類選びでできる花粉対策

花粉がつきにくい素材

綿またはポリエステルなどの化学繊維で、表面がツルツルした素材がおすすめ。

表面がデコボコした衣類(フリースやニット類)、静電気が起きやすい衣類(ウールやアクリル類)は、花粉が付着しやすいので、避けましょう。

家に入る前の心がけ

家に入る前に、帽子や衣類に付いた花粉を、上から順番に振り払いましょう。

 

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!