汚れがひどい場合には、洗濯前に前処理を。
洗濯用洗剤や酸素系漂白剤、おしゃれ着用洗剤の原液などを使えば、シミや汚れもすっきりきれいに落ちます。

汚れ別の前処理の方法

汚れ具合によって、前処理の方法を使い分けましょう。

  • 部分的な汚れやシミ:直接塗布
  • 全体的な汚れ:つけおき

えり・そでや靴下の汚れ

えり・そでや靴下の汚れ

スプレータイプや塗布タイプの洗濯用洗剤(部分用)を直接つけ、すぐに洗濯します。

汚れがひどいときは、軽くもみ洗いします。

 

食べこぼしや油のシミ

食べこぼしや油のシミ

スプレータイプや塗布タイプの洗濯用洗剤(部分用)、または衣料用漂白剤(酸素系)[液体]の原液をぬって、すぐに洗濯します。

 

衣類が変色したり、素材を傷めたりすることがあるので、スプレータイプや塗布タイプの洗濯用洗剤(部分用)と、スプレータイプの衣料用漂白剤(酸素系)を同時に塗布することは避けましょう。

おしゃれ着についたシミ・汚れ

おしゃれ着についたシミ・汚れおしゃれ着用洗剤の原液を汚れに直接ぬり、なじませてから、すぐに洗濯します。

 

全体的な黄ばみやくすみ

全体的な黄ばみやくすみ

  1. 普段の洗濯と同じ量の漂白剤配合の洗たく用洗剤を洗濯機に入れる
    または、洗剤と酸素系漂白剤を洗濯機に入れる
  2. 「洗い」のみに設定し、低水位で洗った後、1時間ほどそのままにしてつけおきする
  3. 他の洗濯物も加えて、いつものコース、水位を選んで洗濯する

「つけおきコース」があればそれを利用してもOKです。洗濯機の取扱説明書に従いましょう。

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!