全自動洗濯機とドラム式洗濯機、二槽式洗濯機は、それぞれ異なる特徴を持っています。
好みやライフスタイル、住まいにあわせてぴったりの洗濯機を選びましょう。

全自動洗濯機

特徴

パルセーター(洗濯機の底にある回転羽根)による「もみ洗い」と洗濯液が衣類を勢いよく通過する「押し洗い」を組み合わせて洗います。

 

 ○ 洗濯物同士をこすりあわせて洗うため、ドロなどの固形の汚れがしっかり落ちる

 ▲ ドラム式に比べると、衣類が傷みやすい

ドラム式洗濯機

特徴

ドラムを回転させて洗う「たたき洗い」と、ドラムを急速に回転させて洗う「もみ洗い」を組み合わせて洗います。

 

 ○ 全自動洗濯機に比べて、使用水量が少ない

 ○ 洗濯物がからみにくく、衣類が傷みにくい

 ▲ 少ない水量で洗うため、色移りや黒ずみが目立つことがある

 ▲ 住まいの状況によっては設置できないこともある

二槽式洗濯機

特徴

洗濯槽と脱水槽に分かれた、昔ながらの洗濯機。

 

 ○ 洗濯・すすぎと脱水を同時並行で行えるため、全自動洗濯機と比べて、時間あたりの洗える量が多い

 ○ 汚れがよく落ちる

 ○ 機能が単純で、壊れにくい

 ▲ 自動化されていないので、「洗い」「すすぎ」「脱水」の各工程を手動でおこなわなければならない

 ▲ 洗濯槽から脱水槽へ洗濯物を移す必要がある

 ▲ 全自動洗濯機、ドラム式洗濯機に比べて、容量が小さい

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!