色あせや型くずれなどを防ぐためにも、それぞれの衣料にあった干し方をしましょう。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

速く乾く干し方のコツ

重ねずに干す

重ねずに干す

風が通りやすくなるように、衣類同士がなるべく重ならないように干します。

除湿機や扇風機を使って、風を直接洗濯物にあてるのもおすすめ。乾きが速くなります。

薄手の衣類であれば、乾く前にアイロンがけで乾かすこともできます。

さまざまな干し方

絵表示に合った干し方をしましょう。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

陰干し

陰干し

直射日光の当たらない、日陰で干します。

  • 絵表示に kageboshi ・ 平干し陰干し のあるもの
  • 新表示  のついているもの
  • 毛(ウール)絹(シルク)ナイロンなど、日光で黄ばんだり、変質したりするもの
  • 色あせしやすい、色の濃いもの

つり干し

つり干し

ピンチハンガーなどで、つるして干します。

  • 絵表示に つり干し のあるもの
  • 新表示 のついているもの
  • 厚手のパンツやジーンズ、スカート類など

裏返して干すと、乾きが速くなります。

平干し

平干し

型くずれを防ぐために、ピンチハンガーの上などに置いて干します。

  • 絵表示に 平干し陰干し のあるもの
  • 新表示 のついているもの
  • ニットなどの伸びやすいもの
  • デリケートな衣類
  • ざっくり編んだニットやカットソーなど

他にいろいろな干し方があります。

さお干し

厚みや重みのある衣類の型くずれを防ぐために、さおにかけて干します。

  • ニット、トレーナー、カットソーなど

ハンガー干し

ハンガー干し

型くずれを防ぐために、衣料の大きさに合ったハンガーにかけて干します。

  • Tシャツ、ポロシャツなど

M字干し

M字干し

2本のさおを使って、M字になるように干します。空気の通り道が多くなり、乾きやすくなります。

  • 毛布やシーツ
  • 厚みのある大物類

三角干し

三角干し

さおに対角線でかけて面をずらして干します。
空気のあたる部分が多くなり、水滴も角になった部分に集まるので、乾きやすくなります。

  • 毛布やシーツ
  • 厚みのある大物類

じゃばら干し

じゃばら干し

ピンチハンガーを使って、じゃばらになるように干します。

空気のあたる部分が多くなり、乾きやすくなります。

  • シーツやバスタオルなどの薄手の大物類
  • 干す場所がないとき

 

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!