• 洗濯ネット
  • ブレンド仕上げ

毛羽立ちやすく色落ちしやすいので、必ず色落ちテストし、やさしく洗いましょう。麻のシャツは、麻ならではのハリを出すために、好みに応じた仕上げ方をしてみましょう。

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取り扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

「水洗い不可マーク」 「水洗い不可マーク」 がついていたら、水洗いできません。

準備

使用洗剤の確認

  おしゃれ着用中性洗剤
(エマール)
一般衣料用洗剤(蛍光剤無配合)
(ウルトラアタックNeoなど)
一般衣料用洗剤(蛍光剤配合)
(アタック 高活性バイオEXなど)
取り扱い絵表示に「中性」とあるもの 「中性」 × ×
取り扱い絵表示に「中性」とないもの きなりや淡い色のもの ×
それ以外
※汚れの程度に合わせてお選びください

◎おすすめ ○使用可能 ×使用不可

酸素系漂白剤を使うと、消臭・除菌効果も。
しみこんだ汗・皮脂や菌までしっかり分解して洗いあがりスッキリ。

柔軟剤とのり剤をブレンドすると、ハリだけでなくしなやかさも出すことができ、両方の風合いを活かした仕上がりになります。
柔軟剤とのり剤のブレンド仕上げ

はじめて洗うとき(色物・柄物の場合)

  • 色落ちテストをする

目立たないところに使用する液体洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます。

<色落ちテストで色がついたら>

  • <「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 の場合>
    単独で手早く洗います。お湯は色落ちしやすいので、使わないようにしましょう。

洗濯機での洗い方

洗濯機のコース設定

取り扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取り扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

シワになりやすいので、脱水は軽めに。

洗濯ネットに入れる

汚れの気になる部分が表に出るようにたたみ、ボタンやファスナーは閉じて、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗います

汚れの気になる部分が表に出るようにたたみ、ボタンやファスナーは閉じて、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗います。

 

えり・そでに部分汚れがあるとき

シミやえりの汚れがあるときは、洗濯前に処理をしておきます。

<取り扱い絵表示に「中性」とないもの>
部分洗い用洗剤をスプレーしておく。または使用する液体洗剤の原液を塗布しておく。

<取り扱い絵表示に「中性」とあるもの>
おしゃれ着用洗剤の原液を塗布しておく。

黄ばみや汗ジミには、酸素系漂白剤(部分用)をスプレーして、すぐに洗濯しましょう。

手洗いの方法

やさしく押し洗いする

使用する洗剤をよく溶かし、シャツを入れて、やさしく押し洗いします。

麻はこすると毛羽立ったり、そこだけ色落ちしたりすることがあるので、やさしく洗うのがポイントです。

水温は30℃以下で。高温だと繊維が縮みやすくなります。

干し方

ハンガー干しする

脱水後、洗濯機からすぐに取り出し、振りさばく

  1. 脱水後、洗濯機からすぐに取り出し、振りさばく
 

たたんで、パンパンとたたく

  1. たたんで、パンパンとたたく
 

 

  1. 形をととのえて、ハンガー干しする

アイロンのかけ方

高温のアイロンで

シワをしっかりのばすために、霧吹きなどでたっぷりの水分を与えながら、高温のドライアイロンで仕上げます。

取り扱い絵表示を確認し、表示にしたがってアイロンをかけてください。

テカリがでるので、濃い色は必ずあて布をしましょう。

スプレータイプのアイロン用のり剤を使うと、手軽に衣類をパリッと仕上げられ、仕上がりが長持ちします。

レースやフリルの部分も、アイロンをかけます。端に向かって軽くのばすようにかけると、自然に仕上がります。

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!