• 洗濯ネット

洗えるものが多いアイテムですが、薄くてデリケートなもの、特殊な飾りがついているものもあるので、やさしく洗いましょう。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

新表示の場合はがついていたら、家庭で洗濯ができます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

「水洗い不可マーク」 「水洗い不可マーク」 がついていたら、水洗いできません。
新表示の場合はがついていたら、家庭での洗濯ができません。

準備

使用洗剤の確認

  おしゃれ着用中性洗剤
(エマール)
一般衣料用洗剤(蛍光剤無配合)
(ウルトラアタックNeoなど)
一般衣料用洗剤(蛍光剤配合)
(アタック 高活性バイオEXなど)
取扱い絵表示に「中性」とあるもの 取り扱い絵表示に「中性」とあるもの × ×
新表示「中性洗剤使用」または「中性」表示のあるもの 取り扱い絵表示に「中性」とあるもの × ×
取扱い絵表示に「中性」とないもの きなりや淡い色のもの ×
それ以外
※汚れの程度に合わせてお選びください

◎おすすめ ○使用可能 ×使用不可

洗濯機のコース設定

取扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース
新しい取扱い表示 「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

※洗濯機の機種により異なります。各洗濯機メーカーのホームページの取扱い説明書等をご確認ください。

シワになりやすいので、脱水は軽めに。

洗い方

えり・そでに部分汚れがあるとき

シミやえりの汚れがあるときは、洗濯前に処理をしておきます。

部分洗い用洗剤をスプレーしておくか、使用する液体洗剤の原液を塗布しておく

<取扱い絵表示に「中性」とないもの>
部分洗い用洗剤をスプレーしておくか、使用する液体洗剤の原液を塗布しておく

<取扱い絵表示に「中性」とあるもの>
<新表示で「中性洗剤使用」または「中性」とあるもの>

おしゃれ着用洗剤の原液を塗布しておく

黄ばみや汗ジミには、酸素系漂白剤(部分用)をスプレーして、すぐに洗濯しましょう。

洗濯ネットに入れる

汚れの気になる部分が表に出るようにたたみ、ボタンやファスナーは閉じて、洗濯ネットに入れて洗います

汚れの気になる部分が表に出るようにたたみ、ボタンやファスナーは閉じて、洗濯ネットに入れて洗います。

濃色衣料は色落ちしやすいので、単独で洗いましょう。

ビーズやその他特殊な飾りがついているものは、裏返してから洗濯ネットに入れましょう。

干し方

ハンガー干しする

脱水したら早めにとり出し、振りさばく

  1. 脱水したら早めにとり出し、振りさばく
 

縫い目にそって軽くひっぱり、形をととのえて、ハンガー干しする

  1. 縫い目にそって軽くひっぱり、形をととのえて、ハンガー干しする

起毛加工のものなど表面の風合いが独特のものには、アイロンがけができない衣料も。
また、ポリエステルは熱に弱いので、アイロンについての絵表示をよく確認してから、アイロンをかけましょう。

あわせて読みたい洗濯ガイド

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!