「こんな服持ってたっけ…」をなくしたい! 持ち服をきちんと活かす衣類の収納

着るつもりで買ったのに、いつの間にか存在を忘れてしまう服がある……これではお金も、服自体も、収納スペースももったいないですね。

その原因は大きくふたつ。

  1. 重なっているため見えない服がある
  2.  部屋のあちこちに服が点在している

【解決策】

1. 引き出しの中がすべて見渡せるように

引き出しの中の服は縦に並べるのが基本です。本棚に本をしまうように、引き出しを開ければすべてを見渡せるのが理想。重なって見えていないと、上の2~3枚ばかりを使って、下の方を死蔵させてしまう可能性が。

仕切りケースで区切られた引き出しの中。手前からカップ付きインナー、タンクトップ、Tシャツ。出しやすく、しまいやすく、選びやすい適量です。

仕切りケースで区切られた引き出しの中。手前からカップ付きインナー、タンクトップ、Tシャツ。出しやすく、しまいやすく、選びやすい適量です。

2. コーディネートは1か所で完了

朝の支度をするときに、一か所でコーディネートを考えられるように家具を配置しましょう。あちらにタンス、こちらにクローゼットと点在していれば考えにくいのは明らかですし、忘れられる服も出てきます。まとまっていれば、洗濯し終わった服を戻すのもラクですね。あちこちに足を運ぶ手間を省くことで、忙しい朝夕の時短につながります。

よく着る服や帽子は、部屋に吊るしておくのも手。お気に入りなら目に入るのはうれしいものだし、何より取りやすく戻しやすい。

よく着る服や帽子は、部屋に吊るしておくのも手。お気に入りなら目に入るのはうれしいものだし、何より取りやすく戻しやすい。

 

玄関で脱ぎ着するコートは、玄関を定位置にしています。実はつっぱり棒を渡して、ハンガーをかけているだけ。出がけに気軽にはおれます。

玄関で脱ぎ着するコートは、玄関を定位置にしています。実はつっぱり棒を渡して、ハンガーをかけているだけ。出がけに気軽にはおれます。

自分に本当に必要な服だけのクローゼットをめざして

1~3軍にわけてみる

いずれにせよ、大切なのは持ち服の量です。スペースは限られているのに服が多すぎれば、前述したような使いにくい収納の状態に陥っていきがちです。何より量が多くては持ち服を把握しきれません。

使用頻度で物を1~3軍に分けてみると、だいたいの物は2、3軍だとわかります。ならば、服を買うときは熟慮のうえ、1軍のものを選ぶようにしましょう。1軍とは要するに、着まわしやすい服のことです。

一度、持ち服を一通りコーディネートしてみてください。「これは使えない、不要な服だ」とわかるものも出てきますし、次に買うとすればどういうものが必要なのか把握することができます。

これが盗まれたら…?と考えてみる

現時点で服が多すぎるうえに処分できないという方は、「これが盗まれたらどう?」と考えてみてください。意外と気にならないものの多さに驚くと思います。「今」着たくならない服を、今後着たくなるということはほぼありません

本多さおりさんの“片づけたくなる”整理収納テクニックまとめ

 

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事