「賞味期限が切れてた…」をなくす!食材が“見える”キッチン収納術

賞味期限切れの食材を減らすために、冷蔵庫のゾーニングと食材のラベリングで、無駄のないキッチン収納を目指しましょう。

キッチンを整理してみたら、何年も前に賞味期限が切れている食材が出てきた!という経験はありませんか? 食べるものを捨てる時の、なんとも後ろめたい気持ち……。それを避けるにはどうしたらいいのでしょう。

キッチン収納のカギは“見える化”

食材の期限切れを防ぐためには、キッチン収納の “見える化”がおすすめ。見えない期間が長くなるほど、その存在は忘れられてしまい、気づけば賞味期限がオーバーということになりがちです。

見える化のポイントは、

  • 透明のボックスに入れる
  • 積み重ねず縦置きにして、見渡せるようにしまう
  • 袋にラベリングして、一目で何が入っているのかわかるようにする

など、その食材の存在を頻繁に目にできるようにしてください。

賞味期限がせまっている、封を開けているなどの“近々に食べるべき”ものは、目立つところにメモを貼っておくのも手です。

調味料やお茶は詰め替えて使う

お茶の時間を充実させたくて、あれこれと買った茶葉やハーブの袋。輪ゴムで口を縛って、何ヵ月もそのまま…これではせっかくの味も落ちてしまいますね。

なぜそんなことになってしまうのかというと、何がどれに入っているのかわかりにくいし、出すのが少々面倒だからではないでしょうか。

そこで、密閉性のあるビンにそれぞれの茶葉を入れ、内容をきちんとラベリングして並べてみてください。

こうすると、どんな種類のお茶がうちにあるのかが一目瞭然になります。残量も見えるため、「これ使いきっちゃおう。次は何を買おうかな?」と計画的に飲むことも可能に。

保存性も上がるほか、輪ゴムを取ったり袋を振って出しすぎたりといったストレスなく、さっと蓋をあけて傾けるだけで茶葉が出せるという大きなメリットも。

お茶だけでなく、余らせがちなスパイスもこの方法で収納してみて。

収納する際は、大きさがまちまちのビンに入れるよりは、ある程度種類をそろえた方が、見た目が整然とすると同時に、引き出しに効率よく収まりますよ。

お茶、スパイス、シリアルなど、使用頻度の高いものや積極的に使いたいものは容器に詰め替えるのがおすすめ。

調味料やお茶は詰め替えて使う

冷蔵庫は“ゾーニング”と“ラベリング”で一目瞭然!

日々いろいろな食材を買っては詰め込んでいる冷蔵庫。自分なりに整理しているつもりでも、忘れていた食材が奥から発見されることもしばしば。

そんなときは、冷蔵庫を“ゾーニング”するのがオススメ。調味料ゾーン、ドリンクゾーン、ごはんのともゾーン、朝食ゾーンなど、使うシチュエーション別に分類すると使いやすいですよ。調味料や小型の紙パック飲料などは、プラスチックのトレイなどで仕切るとまとまりやすいうえ、買いすぎ防止にもなって◎

冷蔵庫は“ゾーニング”と“ラベリング”で一目瞭然!

また、買い物から帰ってきて「ストックがあるのにまた買ってきてしまった……」と後悔した経験はありませんか?保存がきくものならいいけれど、野菜などはなんとか使い切るしかないことも。

冷蔵庫にある食材は、マグネットで“ラベリング”すると一目でわかるようになります。マグネットに「ピーマン」「キャベツ」といったラベルを貼ることで、扉を開けなくても中身が把握できるようになりました。買い物だけでなく、献立を考えるときも便利ですね。

冷蔵庫にある食材は、マグネットで“ラベリング”すると一目でわかるようになります。

今ある食材が一目でわかれば、冷蔵庫の開け閉めの時間も短縮できるので、省エネにも良さそうです。冷蔵庫の“見える化”、試してみませんか?

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事