シャツの黄ばみが気になる!つけ置き洗いで白さを取り戻そう

シャツの黄ばみの原因は皮脂や汗。塩素系または酸素系の漂白剤でつけ置きをすれば、気になる黄ばみもキレイに♪

「よし、今日はこれを着ていこう!」と、クローゼットから取り出したお気に入りのシャツやブラウスの首元に黄ばみを発見してショック!そんな経験をした人も多いのでは?そんなときは漂白剤を使ってきれいにしましょう。

シャツの黄ばみは漂白剤で洗えば落ちる!

黄ばみの原因は、ほとんどが汗や皮脂の汚れが酸化したものだそう。 洗濯で落としきれなかった汗や皮脂が、時間の経過とともに空気中の酸素によって酸化して黄色くなってしまうのが原因です。数年間経って黄ばんでしまったものは回復できないことがありますが、基本的には漂白剤でつけ置き洗いをすればキレイになります。

シャツの黄ばみを漂白剤で落とすには?

まず、取扱い表示を確認して(旧表示)のマークがついていなければ、漂白処理が行えます。漂白剤には塩素系と酸素系の2種類があるので、注意しましょう。

旧表示)のマークがついている場合は塩素系漂白剤が使用できないため、酸素系漂白剤の「ワイドハイター EXパワー 」をぬるま湯に溶かして、つけ置きしましょう。黄ばみを落としたいときは「液体タイプ」よりも、しみついた汚れに洗浄力を発揮する「粉末タイプ」の酸素系漂白剤がおすすめです。ただし、「粉末タイプ」は毛・絹には使用できない為、ご注意ください。

つけ置き時間の目安は30分で、生地を傷める可能性があるので、2時間は超えないようにしてください。

漂白後にぬるま湯で洗濯をすると、汚れ落ちの効果がぐっと高くなります。

(旧表示)のマークがついている場合は、より真っ白に仕上げてくれる「ハイター」などの塩素系漂白剤の使用ができます。こちらもつけ置きの目安は30分です。

塩素系漂白剤と洗剤を一緒に使っても問題はありませんが、酵素入りの洗剤と一緒に使うと酵素の働きを低下させることがあるので、つけ置きした後は、一度すすいでからお洗濯することをおすすめします。

衣類の黄ばみを予防するには

衣替えなどしばらく着る予定がない衣類は、汗や皮脂汚れが繊維の奥に残らないよう、しまう前にしっかりと落としておくことが大切です。衣類に合わせて洗剤と漂白剤を併用したり、漂白剤でつけ置き洗いをしましょう。

黄ばみを落とせば、シャツやブラウスが見違えるほどに。 これでもう黄ばみに悩まされることなく、お気に入りのアイテムを長く愛用できますね!

写真:Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

30分のつけおきで、白さを取り戻そう!

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事