Tシャツ、タオル、枕カバー…気になる汗のニオイを簡単に抑えるコツ

 

だんだんと暖かくなってくると、気になるのが汗のニオイ。電車に乗った際など、他人のニオイはもちろん、自分のニオイが周囲を不快にさせていないか気になることがありますよね。でも汗対策をきちんと行っておけば、ニオイなんて気になりません。今回は、汗のニオイ対策についてご紹介します。

汗のニオイってどうして発生するの?

実は、かいたばかりの汗はほとんど無臭。体から出たたんぱく質や皮脂、汚れなどが混ざった汗を常在菌が分解する時に、ニオイを発生させるのだそう。つまり、その常在菌が急激に増えた時に「汗くさい」と感じるのです。では、ニオイ対策のポイントをおさえていきましょう。

汗のニオイをおさえる洗濯のポイント

1. 着用したら、早めに洗濯

汗や皮脂は時間がたつとニオイが発生しやすくなります。また、汗を含んだ衣類は乾かしても水分が飛ぶだけで、汗の成分は残ってしまいます。そのため、洗濯物はためこまず、早めに洗うことが重要です。

2.洗剤と漂白剤を合わせて使う

洗濯する際は、いつもの洗剤に加えて衣料用酸素系漂白剤を一緒に使いましょう。こうすることで、繊維の奥まで浸透し、ニオイの元を取り除いてくれます

3.柔軟剤を上手に取り入れる

汗や水分などで香りがたつ柔軟仕上げ剤を使えば、外出先で汗をかいても安心。さらに、お出かけ前には除菌効果もある衣料用フレグランススプレーを吹きかけておけば、さらに安心です。

外出先での汗対策のポイント

家庭での洗濯を万全に行ったうえで、外出先で汗をかいた時は、タオルなどでこまめに汗をふきとり、菌の繁殖をできるだけ防ぐのが基本。さらに汗ふきとりシートや出かける前に制汗剤を使うなどすれば、ニオイ対策は万全です。

せっかくの楽しいお出かけ。汗をかくことを気にせず、快適な1日を過ごしましょう。

商品情報

洗剤だけでは落ちないニオイの元までディープクレンジング。衣料用酸素系漂白剤

ワイドハイター EXパワー [本体]

水分・汗、動きに反応して、新鮮な香りがわきたつ柔軟剤

フレア フレグランス

香りづけも。シワとりも。シュッするだけで衣類リフレッシュ

フレア フレグランス 衣類のリフレッシュミスト

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事