洋服にうっかりついてしまったファンデーションの落とし方

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

白いカットソーなどを脱ぎ着する時、うっかりファンデーションがついてしまった、なんて苦い経験はありませんか? お気に入りの1枚だったりすると、1日テンションが下がりっぱなしですよね。でも、大丈夫。キレイに落とすコツがあるのです! 今回は、洋服についてしまったファンデーションの落とし方をご紹介します。

ファンデーションをキレイに落とす方法

準備するもの

  • 絵表示にあった洗剤
  • タオル2枚
  • 使い古した歯ブラシ

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

手順

(1)乾いたタオルの上に、シミがついた側が接するように衣類を置きます。
(2)少量の洗剤を薄めず、そのまま歯ブラシにつけ、シミの周辺から中心に向かってたたき、下のタオルに汚れを移します。 この時、シミをこすらず、たたいてシミを移すこと。

洗剤をつけすぎるとすすぎにくくなるので注意。

洗剤液を中心にたらすとシミが広がり、輪ジミになるのでNG。

(3)タオルの位置をきれいなところに変えながら、シミがタオルにつかなくなるまで(2)を繰り返します。 汚れに洗剤つけ、爪の先で細かくつまみ洗いしてもOK。

(4)シミが消えたら、水をつけてたたきながらしっかり洗剤分を落とします。この時、輪ジミにならないよう境目をぼかしながらやるのがポイント。

(5)乾いたタオルで水気を吸い取り、自然乾燥させます。

ウールやシルク素材の場合は、台所用洗剤の代わりに、アルコールでたたき出せる場合があるので、試してみてもいいでしょう。また、衣類が厚手の場合は、ガーゼやタオルでシミをつまみとるようにします。

ファンデーションだけでなく、日焼け止めや口紅など、油性の汚れは、上記と同じ要領でシミ抜きすれば大丈夫。 これで、お気に入りの洋服も、安心して着用できますね。

写真:Thinkstock / Getty Image

 

 

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事