漂白したら白い服がピンクに!元通りにするにはどうすればよい?

ピンク色への変色は、日焼け止めが塩素系漂白剤に反応した影響。液体洗剤をたっぷり塗って日焼け止めと落とせば元通り!

汚れや黄ばみが目立ちやすい、白シャツやTシャツ。こまめに漂白をして、真っ白な状態をキープしたいですよね。でも、いつものように漂白をしたら、なぜか襟や袖口がピンク色に変色しちゃった!という経験はありませんか?今回は、そんなときの対処法と予防策をご紹介したいと思います。

ピンク色になってしまう原因はズバリ、日焼け止め!

日焼け止めに含まれる成分の一部は、塩素系漂白剤と反応するとピンク色に変色してしまいます。つまり、変色した日焼け止めが生地についているだけで、白色の生地自体が変色したわけではありません。日焼け止めを落とすことで、白色に戻すことができます。
※全ての日焼け止めがこのように変色するわけではありません

液体洗剤で日焼け止めを落とす方法

  1. 衣類の変色した箇所に液体洗剤の原液をたっぷりと塗り、5~15分置く。
  2. 生地をいためないようにていねいにもみ洗いし、よくすすぐ。
  3. 落ちない場合は、もう一度くりかえして洗う。
塩素系漂白剤で漂白した直後の場合は、まず水で充分にすすぎ、軽くしぼってから、液体洗剤を塗ること。

日焼け止めが服に付いちゃった!早めの部分洗いでシミ残りなしへ
日焼け止めが付いちゃった! 服についた白いシミを落とす方法

ピンク色にさせない!予防策

  • 日焼け止めを使った日は、服を脱いだら、早めに洗濯しましょう。
  • 日焼け止めのつきやすいえりや袖口は、先に部分洗いをするとより効果的。
  • 洗濯機で洗う際、洗濯物全体用に計量した洗剤の全量を日焼け止めのついた箇所に塗り、そのまま洗濯するという方法もあります。
  • 日焼け止めが付着した衣類には、塩素系漂白剤を避け、酸素系漂白剤を使用しましょう。
もう迷わない!「塩素系・酸素系」漂白剤の違いと上手な使い分け
衣類や汚れの種類によって使い分けよう!酸素系・塩素系漂白剤の使い方

ピンク色になってしまった服も、落ち着いて処置をしたら元通りになり、ほっとひと安心です。諦めていた方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事