洗濯を繰り返すうちに黄ばんだTシャツを白く戻す方法

黄ばみの原因は普段の洗濯で残った皮脂汚れの酸化。粉末タイプの酸素系漂白剤でつけおきして、落としましょう。

何度も洗濯をしているのに、いつの間にか黄ばんでしまったTシャツ…。「ちゃんと洗っているのになぜ?」と思ったことはありませんか?そんなTシャツをすっきり白く洗い上げる方法をご紹介します。

いつの間にか黄ばんだTシャツ。その原因とは?

汗をかいた衣類を洗濯せずに放っておくとできてしまう黄ばみ。その原因は、皮脂汚れが空気に触れて酸化してしまうことにあります。洗濯をしていてもTシャツが黄ばんでしまうとしたら、それは普段の洗濯で皮脂汚れが取りきれず残っているのが原因です。

気づいたら黄ばんでた!そんなときは漂白剤でつけおき

粉末タイプの酸素系漂白剤でつけおき洗いをすれば、自宅でもしっかりTシャツの黄ばみをとることができます。なかでも「ワイドハイター EXパワー」を使えば、洗剤だけでは落としきれない黄ばみ汚れを強力分解!色柄物にも使えるのでロゴ入りTシャツでも安心して使えます。

※粉末タイプはウール・シルクには使えません。

<黄ばんだTシャツを白くする方法>

1.洗いおけにぬるま湯を入れ、粉末タイプの酸素系漂白剤をつけおき濃度に溶かす

洗いおけにぬるま湯を入れ、粉末タイプの酸素系漂白剤をつけおき濃度に溶かす。

40℃のぬるま湯を使うと汚れが落ちやすくなります。

2.Tシャツを入れ、約30分つけおき

生地を傷めたり、色落ちしたりすることがあるので、2時間以上はひたさないでください。

Tシャツを入れ、約30分つけおき。生地を傷めたり、色落ちしたりすることがあるので、2時間以上はひたさないでください。

3.水でよくすすいだ後、他の衣類とあわせて普段通りの洗濯をする

これから暖かくなって、たくさん着たい白Tシャツ。黄ばんでしまっていないか、一度チェックしておきましょう。ただし、数年間経って、黄ばんでしまったものを完全に回復するのは難しいとのこと。気になったときにすぐ、粉末タイプの酸素系漂白剤でつけおき洗いをするようにしましょう。

メイン写真: Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

黄ばみが気になるTシャツは、30分つけおき!

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事