[今日から始める除菌生活]お風呂場のピンク汚れやカビを除去&予防するテク

 

バスルーム特有の「ピンク汚れ」、そして「カビ」。放っておくと、どんどん広がってしまいます。この汚れの原因は? 正しいお手入れ方法は?花王株式会社の谷垣太郎さんに聞きました。 

バスルーム特有の汚れとは

バスルーム特有のピンク色の汚れや頑固なカビ。キッチンやリビングではあまり見ない汚れに、お掃除するにも尻込みしてしまいます。 これらの原因のひとつは「菌」でした。

人間の皮脂を洗い流した石けんかすやシャンプーの泡が飛び散るため、バスルームは壁にも床にも菌が繁殖しやすい環境なのだとか。

ピンク汚れの原因となる菌は洗剤や乾燥に強いので、掃除をしても湿気に気をつけてもできてしまう困りもの。一方、カビは壁やゴムパッキンの繊維に入り込むと菌糸が奥へ根を張り、落ちにくくなってしまいます。

こまめな掃除と換気がカギ!

バスルームをキレイに保つための大切なポイントは「換気」。入浴後の湿気をそのままためこんでしまうと、あっという間に汚れや菌が繁殖してしまうので、窓があれば少し開放して湿気を逃がしましょう。

最近は窓がないバスルームも増えていますが、その場合にはドアを開ける、浴室乾燥をかける、換気扇をまわしておく、など、湿気がこもらないための工夫が必要です。 

汚れに応じた専用クリーナーを使う

できれば入浴後、汚れが乾いて落ちにくくならないうちに、汚れにあったクリーナーで落としてしまうこと。スプレーしたあとは、水で洗い流して、バスルームの温度を下げて湿気をおさえておくと、さらに効果的です。

ピンク汚れ

洗い場の細かい目地、浴室の角、洗面器や椅子の裏などにできやすいピンク汚れには「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」が有効。

新除菌成分配合で、従来の除菌効果に加えて、ピンク汚れの原因菌もしっかりと除菌。ピンク汚れを落とすだけでなく、その後の発生まで抑えます。

汚れがひどいときはスプレーしてから、スポンジなどで軽くこすり落とします。キレイになったらシャワーで流せばOK。 

壁や浴槽の皮脂汚れ

壁など垂直面についた皮脂汚れは「バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス」が効果的。 水切れをよくする成分が配合されているので、壁面に水滴が残りにくいのだそう。

塩素系のカビ取り剤ではないので毎日使えます。1スプレーで広範囲に吹きかけられて便利。こすらず、シャワーで流すだけでラクチンです。

商品情報

浴室のピンク汚れもしっかり除菌し、発生を抑えるバスクリーナー

バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス[本体]

水切れ成分配合。壁のカビの発生も防ぐバスクリーナー

バスマジックリン 泡立ちスプレー 壁の防カビプラス[本体]

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事