型くずれや色落ちの心配は…?自宅で洗える、帽子のお手入れにトライ!

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

 自宅でできる、帽子のお手入れ方法

日射し除けやおしゃれアイテムとして、麦わら、麻、コットンなど、天然素材の帽子が大活躍する季節がやってきました。夏はムレたり汗をかいたりしやすいので、ファンデーションの汚れや汗ジミ、ニオイが気になりますよね。

このミッションのため、昨年ひと目惚れして購入し、大活躍したコットンのベレー帽を引っ張り出してきました。一度も洗ったことがなく、よく見ると内側のフチにシミがついててショック。可愛いから今年の夏、愛用しようと思っているけど……。

正直なところ、帽子のお手入れって難易度が高そうでドキドキですが、いざ挑戦!

用意するもの

cap1

  • 洗濯液(今回の場合はおしゃれ着用中性洗剤)をはったバケツ
  • ブラシまたはスポンジ
  • 古い歯ブラシ

お手入れの方法

1. まずは取扱い絵表示と素材をチェック

beret1

「手洗いマーク」tearaiか「洗濯機マーク」sentakukiの絵表示(新表示)がついていれば、水洗いOK。中性のおしゃれ着用洗剤を使って洗います。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

絵表示がなくても、素材が木綿かポリエステルのものであれば、水洗い可能

濃色の帽子を初めて洗うときは、色落ちしないか必ず確かめてからにしましょう。

目立たないところに液体洗剤の原液をつけて5分後に白い布をあてて、軽く押さえます。色落ちしたら、単独で手早く水で洗います。

2. シミ抜き

beret2

使用する洗剤(今回の場合はおしゃれ着用洗剤)の原液をつけた歯ブラシでたたきます。

ファンデーションなどのシミや汗などの汚れがつきやすい内側のフチには、使用する洗剤の原液をつけてなじませておくとベター。

3. 洗い方

水におしゃれ着用中性洗剤をよく溶かします。

洗濯液に帽子をひたし、洗濯ブラシやスポンジで全体を洗います。表面を毛羽立たせないように、こするのではなくたたくように洗っていきます。すすぎは、水をかえて2~3回行います。

素材によりますが、綿などの場合、仕上げに洗濯用ののり剤を水によく溶かし、3~5分ひたして軽く水気を切ってから干すと、形よく仕上がります。

beret5

型崩れしやすい帽子の場合は、プラスチック製のザルに帽子をかぶせて洗い、すすぎをすると、型崩れをすることなく洗えるそうです。

4. 干し方

かぶったときの形になるように、ちょうどよい大きさのスタンドにかぶせて、風通しのよい場所で陰干しします。

beret6

乾いた帽子を手に取ると、見事に汚れが落ちてキレイになったとひと目でわかります。難易度高そうだったけれど、帽子のお手入れって意外に簡単なんですね。

これで自信がつきました。次はお気に入りのシルクのニット帽を洗ってみようっと。

商品情報

帽子洗いには、中性のおしゃれ着用洗剤 「エマール

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事