加齢臭のセルフチェック方法と今日からできるお手軽対策

 

年齢を重ねるにつれ、男女問わず発生する可能性がある加齢臭。今回は、加齢臭のセルフチェックとその対策について、体臭や汗の専門治療を行う五味クリニックの院長・五味常明先生に聞きました。

自分が加齢臭を発しているかどうか、寝具でチェック

体臭は、たとえばワキや足の裏のような一定の部分から発生するわけではありません。ノネナールは皮脂腺から、汗のニオイは汗腺から出てくるため、体中が加齢臭に包まれている可能性もあるのです。

自分が加齢臭を発しているのかどうか、チェックする方法を五味さんに聞いたところ、
毛の生えているところはニオイが強くなるため、首筋や頭を嗅ぐとわかりやすいでしょう。もちろん自分で嗅ぐことはできないので、いつも使っている枕や衣類のニオイを確かめてみるのがおすすめです」とのこと。さっそく今夜、確認してみてはいかがでしょうか?

お酢入り風呂に入浴することで、ニオイを軽減することも

半身浴や手足浴で血行を促し、汗腺の働きを活発にするのもおすすめ。汗腺の機能が高まると、さらさらと水のような汗をかけるようになり、嫌なニオイを薄める効果が見込めます。運動不足やエアコン漬けの生活では、汗腺は鈍るばかりなのだとか。

また、いつものお風呂にコップ一杯の酢を入れるのも◎。
酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があり、皮膚を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防いでくれます。さらに、汗腺からクエン酸が吸収されると、アンモニアと乳酸の生成が抑えられるので、ニオイの解消につながるのです」(五味先生)

デオドラント剤や除菌洗剤を上手に使って衣服のニオイを取る

ニオイは、人に伝わらなければ気にすることはありません。加齢臭は洋服に濃縮されやすいので、衣類のニオイをとるのが効果的なのだとか。
「こまめにリセッシュを使って衣類を消臭したり、除菌や抗菌効果のある洗剤を使うのもいいですね。食事や生活習慣の改善には時間がかかるので、デオドラントスプレーとうまく付き合っていきたいところです」と、五味先生。

ただし、ワキや足の裏など限定された部位に使うデオドラントスプレーは、他の部分の肌には刺激が強すぎる場合も。必要な常在菌を殺してしまうこともあるので、安全な消臭グッズを選んで活用していきましょう。

取材協力:五味クリニック 院長・五味常明先生

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事