加齢臭をきちんと取って、パリっと仕上げるシーツと布団カバーの洗い方

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

先日、加齢臭が染みついた枕カバーの洗濯をしてみたアラフォーの僕。使う洗剤のセレクトさえ間違えなければ、洗濯機で簡単に洗えることがわかりました。そこで今回は、枕カバーと同じく、ニオイが気になっていた「シーツと布団カバーの洗い方」を紹介します。

ニオイが気になるシーツと布団カバーの洗い方

絵表示をチェック

「洗濯マーク」sentakuki(新表示は)か「手洗いマーク」tearai2(新表示は)の絵表示があれば、水洗いできます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

使用する洗剤を選ぶ

  • シーツや布団カバーの色がきなりや淡い色の場合無蛍光の洗剤(ウルトラアタックNeoなど)
  • それ以外、白いものの場合蛍光剤配合の洗剤(アタック高活性バイオEXなど)

蛍光剤とは衣類を白くする染料のこと。きなりやパステルカラーなどの衣類を蛍光剤入りの洗剤で洗った場合、蛍光剤が付着することでその色合いが変わることもあるので要注意。

黄ばみ汚れなど気になる汚れがある時には「ワイドハイターEXパワー」など酸素系漂白剤を一緒に使うのもおすすめ。
※ 新表示がある場合は使えません。

洗濯機のコースを設定する

  • sentakuki(新表示)の場合は「標準コース」か「大物洗いコース」
  • tearai2(新表示)の場合は「手洗い(ドライ)コース」

のりづけで仕上がり感アップ

そして僕がぜひ試してほしいと思うのが、仕上げののりづけ。

のりづけの方法(全自動洗濯機の場合)

  1. 洗濯終了後に洗濯機にのりづけしたいものを残し、水を低水位で張ります。
  2. 水がたまったら、衣類に直接かからないよう、「キーピング 洗たく機用のり剤」を適量(※シーツ1枚につき30mlが目安)入れます。
  3. 洗濯機を約3分間回し、軽く脱水します。

ドラム式洗濯機の場合は、取扱説明書を必ず確認の上、記載された方法に従ってください。

この行程を増やすだけでシーツと布団がパリッと、まるで新品のように気持ちのいい仕上がりになりました。

これから暑くなり、汗で寝具も汚れやすくなります。みなさんも、ぜひ今回ご紹介した方法で、シーツや布団カバーを洗ってみてください。

商品情報

洗浄成分ウルトラクエン酸C配合で密着汚れまで一気に洗浄。くすみ・ニオイを防いで未体験の白さへ。洗たく用液体洗剤。 ※界面活性剤とクエン酸の複合成分

ウルトラアタックNeo

しみこんだ汗•皮脂や菌まで強力分解する酸素系漂白剤。抗菌効果で衣類の清潔感長続き

ワイドハイターEXパワー

洗濯機でムラなく簡単にのりづけが出来る乳液タイプののり剤

キーピング洗たく機用のり剤

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事