枕についた加齢臭をスッキリ落とす!枕カバーの洗濯方法

加齢臭が気になる枕。素材に合った洗剤・洗濯コースで枕カバーをこまめに洗ったら、悪臭がスッキリ解消しました。

加齢臭が気になる枕カバーの洗い方

アラフォーになり、以前より気になりだしたのが自分の体臭。加齢にともない、身体から発するニオイがめっきりオジサンくさくなりました。とくに先日、ニオイを嗅いで思わず「くさっ!!」と思ったのが自分の枕カバー。加齢臭は首や耳の後ろ、頭皮から発生しやすいよう。つまり、加齢臭発生箇所がダイレクトに触れる枕カバーは、くさくて当然、という訳…。加齢臭で気になる枕カバーの洗濯方法をチェックしましょう。

使用する洗剤を選ぶ

まずチェックするのは、取扱い表示と枕カバーの色。下の表に当てはまる場合は、それぞれの適した洗剤を使いましょう。

素材の種類とおすすめの洗濯洗剤

染みや黄ばみ、ニオイが気になる時は、「ワイドハイターEXパワー」など酸素系漂白剤を一緒に入れて洗濯するのがおすすめ。

絵表示を見て洗濯機のコースを決定

取扱い表示別、洗濯の方法

絵表示を確認したら、枕カバーを洗濯機に入れ、「標準コース」、または「手洗い(ドライ)コース」で洗うだけ。

ニオイや汚れが特にひどい時は「つけおき洗い」

ニオイや汚れがひどい時は水かぬるま湯に洗剤と酸素系漂白剤を溶かし、30分程度洗濯機や洗い桶でつけおきしてから洗うと効果的です。事前につけおきしてから洗うことで、汚れやニオイをよりしっかり除去することができます。

枕から悪臭が消え、毎日の睡眠も爽やかに

洗濯を終え、枕カバーを干して乾かすと、今まで繊維の奥の方から漂っていた悪臭がスッキリ解消。購入時のような、爽やかな枕カバーに生まれ変わり、毎日の寝つきや寝起きも以前よりよくなった気がします。

今回洗濯をしてみて、「枕カバーってけっこう汚れやすいのに、今まであまり洗濯をしていなかったな…」と反省しました。これからは枕カバーも定期的に洗濯しようと思います。

写真:Getty Images Plus

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事