夏の洗濯物に残りがちな汗のニオイをオフする技

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

わが家の夏の洗濯物の中で、いちばん気になるのがパパのワイシャツ。パパは仕事柄、スーツ+ワイシャツで一日中外回りをしています。汗臭くなるのも当然なのですが、とにかく洗っても汗のニオイが落ちません。そんながんこな汗のニオイをオフできる洗濯&予防方法を探したところ、衣料用漂白剤「ワイドハイター EXパワー」にたどり着きました。

つけおき後、洗濯機に入れて洗うだけ

まずはワイシャツの洗濯用タグをチェック。sentakuki(新表示は)やtearai2(新表示は)がついていたら、水洗いOKなので、「ワイドハイター EXパワー」が使えます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

酸素系漂白剤は、新表示があるものに使用しましょう。

普段のお洗濯にプラスするだけでも効果はありますが、特に汗のニオイが気になるときには、洗濯前につけおきをします。つけおきには、水1Lにつき「ワイドハイター EXパワー」10mlの薄め液を使うので、まずこれくらいの分量を取ります。キャップをあけたら、漂白剤っぽくない、さわやかないい香りがしました。

phワイドハイター02a

そもそも汗のニオイは繁殖した雑菌によるもの。「ワイドハイター EXパワー」には黄ばみや黒ずみを分解するだけでなく、除菌と抗菌の効果があるのだそうです。この薄め液にワイシャツを約30分つけおきしてから、水ですすぐか、洗濯機で洗うだけ。冷水よりも温水の方がニオイも汚れも落ちやすいとのことなので、ぬるま湯で試してみます。「ワイドハイター EXパワー」は酸素系の漂白剤なので、色柄物にも使えるのがうれしいです。

phワイドハイター01a

 

約30分つけおきしたら、洗濯用タグに合わせた洗濯用洗剤を加えて洗濯機で洗います。

phワイドハイター03a

 

洗いおわったワイシャツを確認してみるとニオイ汚れがすっきりしていました。以前、ワイシャツを洗った後に感じた、濁った水のような臭いニオイがしませんでした。漂白の効果もあるので、ワイシャツの黄ばみやくすみ汚れも落ちて、色が少し鮮やかになったようです。

phワイドハイター04a

 

これ1本で繊維にしみこんだ汗、皮脂や菌まで強力に分解してくれるので、消臭・抗菌効果、黄ばみや黒ずみの漂白まで一度にできるのだとか。これからの梅雨の季節には重宝しそうです。

phワイドハイター05a

漂白剤は、強力すぎて使いづらいイメージがあったのですが、「ワイドハイター EXパワー」は、色柄物にも使えるし、洗濯用洗剤にもプラスできるので、毎日のお洗濯でも使い勝手がよさそうです。また、赤ちゃんのお洋服にも使えるとのことなので、小さな子どものいるわが家には安心です。

商品情報

洗剤だけでは落ちない汚れ・ニオイの元までディープクレンジングする衣料用酸素系漂白剤

ワイドハイター EXパワー

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事