今年の梅雨はいつまで続く?ジメジメした季節に気になるニオイ対策

 

本州も続々雨の季節が到来して、気象庁より、4日は中国や近畿、東海が、5日は関東、北陸でも梅雨入りの発表がありました。そろそろ部屋干しのニオイが気になったり、お風呂場のカビが発生したりするのでは…と心配になります。 そこで、今回は、2014年梅雨の天気傾向について、気象ニュースの配信などを行う「ウェザーマップ」の気象予報士・山口津香沙さんに聞きました。

梅雨入りは各地平年よりも早く、雨量は平年並みの予想

「今年は平年よりも早く梅雨入りしたところが多いですが、梅雨が長引くかもしれません。また梅雨入り早々、太平洋側では記録的な大雨になっています。今年の梅雨はメリハリある天気になるのが特徴ですね。降るときは大雨になりやすく、降らないときは梅雨でも晴れ間が見られそう。雨量は平年並みの予想ですが、集中豪雨には注意しましょう」と山口さん。

また、梅雨明けは、平年では沖縄が6月23日頃、近畿・中国、東海・関東で7月21日頃、北陸、東北南部で7月25日頃、東北北部で7月28日頃という予報になっています。

そもそも梅雨とはどういう現象?

「梅雨というのは、春から夏へ季節がシフトしていくために起こる、高気圧の戦いです。春の勢力と夏の勢力がぶつかり合うところが梅雨前線。この前線がかかる時期が梅雨ということになります。

春と夏の勢力争いにより、前線は日々移動しています。これは南から北へ移動していくので、梅雨入りも沖縄からはじまり、東北が一番遅くなります。そして夏の高気圧(太平洋高気圧)の勢力が強まると梅雨前線が消えて、梅雨明けとなります」(山口さん)。

梅雨は1年で1番雨が降る時期ですが、その雨量は意外にも1年のうちの3割程度。降水量以上に雨のイメージが強いのは日差しが少ないから。豪雪地帯の北陸地方では梅雨の時期よりも冬の方が降水量が多いのだそうです。

湿度が高い梅雨時期にはしっかりニオイ対策

そんな、梅雨の時期。気になるのが、部屋や洗濯物のニオイ。 「7月は一年で最も湿度が高く、気温も高いので、不快指数は最大。そして、湿度が高ければ高いほど、ニオイは伝わりやすくなるんです。だから、ニオイ対策はしっかりしたほうがいいですよ」(山口さん)。イヤなニオイも伝わりやすいですが、逆に言えば、いい香りもよく伝わるということ

ということは、ジメジメした空間のニオイや洗濯物の生乾き臭をしっかり取って、いい香りが広がるような消臭スプレーや柔軟剤を使うというのが、この時期の賢いニオイ対策のようです。

雨や曇の日が多く、不快指数も最大で、ニオイまで気になる時期が2カ月近くも続くとは、なんとも憂鬱。でも、こんな時こそ、明るい色のレイングッズを取り入れてオシャレをしてみたり、読み損ねている本を読んだり、DVD鑑賞をしたり…自分なりの過ごし方を見つけて、梅雨時期を楽しく過ごしましょう。

取材協力:株式会社ウェザーマップ

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事