自宅でできる日傘のお手入れ方法

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

私は毎日幼稚園の送り迎えで日傘を愛用しています。でも、洋服や靴と違って、替えを持っていないので、汚れが気になりながらもワンシーズンで買い換えてしまうこともしばしば。出来れば大事にお手入れをして、来シーズンも使いたいところ。

今回は、日傘を長持ちさせる簡単なお手入れ方法を調べてみたので、ご紹介します。

日傘はおしゃれ着用中性洗剤で洗える

日傘の生地が水洗いできるものなら、おしゃれ着用中性洗剤「エマール」で洗えるそう。自宅で洗えば、いつでも手軽に汚れやくすみをすっきり落とすことができます。

絵表示を確認

まずは絵表示を確認。tearai2 (新表示は)があれば、水洗いOK。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

レース等は自宅で洗うと縮む場合もあるので要注意です。

準備するもの

  • エマール
  • 洗いおけ
  • スポンジ

日傘の洗い方

  1. 洗いおけに、水4Lに対しておしゃれ着用中性洗剤「エマール」を10ml入れた洗剤液を作る。
  2. お風呂場等で日傘を開き、(1)の洗剤液をスポンジに含ませ、ポンポンとたたくように洗う。
    ※生地が毛羽立たないように、やさしく洗うのがコツ。こすり洗いはNG。
  3. シャワーで日傘全体の泡を洗い流し、開いたまま陰干しにする。

日傘を洗い、乾燥させた後は、屋外で防水スプレーを吹きかけましょう。
汚れがつきにくくなるのでおすすめです。

お手入れ後だけでなく、傘を使用する度に防水スプレーを吹きかけるだけで、汚れにくくなるそう。簡単なお手入れでキレイを保ち、お気に入りの日傘を来シーズンも使えるようにしたいと思います。

商品情報

トリートメントしながらすっきり洗うおしゃれ着用中性洗剤

エマール リフレッシュグリーンの香り

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事