カビ・ひび割れ・色落ちを防ぐ!レザーパンプスのお手入れ方法

  • card_13389_001

    靴を長持ちさせるコツは、履いた後必ず乾燥させて表面のホコリを落とすこと

  • card_13389_002

    月1回はクリーナーと靴墨を使ったスペシャルケアで、ひび割れ・色落ちを予防

  • card_13389_003

    ひび割れを防ぐには靴用クリーナーで油分を与える

カジュアルなファッションからドレッシーな装いまで、幅広く活躍するレザーパンプス。シンプルなデザインを選べば、流行に左右されることなく長年履き続けられますよね。

そんなお気に入りの靴を長く履くには、やっぱりメンテナンスが大事。

そこで、靴のメンテナンスでおなじみ「ミスターミニット」に、レザーパンプスのケア方法を聞きました。

長持ちさせるコツは、履いたら必ず乾燥させて表面のホコリを落とすこと

パンプスはストッキングなどの吸水性の悪いものと合わせることが多いため、1日履くと汗でかなり湿った状態になります。
脱いですぐ靴箱にしまうとカビの原因になるので、玄関など風通しの良い場所に丸1日出しておき、必ず乾燥させることが大事だそうです。
そして、ブラシで靴の表面を軽くブラッシングして、日々のホコリや汚れをこまめに落とすことも大切です。靴用ブラシはやわらかいものがオススメです。

月1回は行いたい、パンプスのスペシャルケア方法

レザーパンプスの表面は、乾燥によるひび割れや摩擦による色落ちが起こりがち。よく履くパンプスは、月に1度はスペシャルケアを!

<準備するもの>

  • 靴用ブラシ2種類(馬毛などのやわらかいものと、豚毛などの硬めのもの)
  • やわらかい布(いらないTシャツやワイシャツを切ったものでもOK)
  • 靴用クリーナー(汚れ落とし)
  • 靴墨(パンプスに合わせた色)
  • フッ素系防水スプレー(靴専門店や修理店、DIYショップで購入可)

<手順>

※このお手入れ方法はスムースレザーの靴が対象です。素材によってお手入れ方法が異なりますので、靴の素材をよく確かめて行ってください。

1.靴の表面についたホコリや汚れを馬毛などのやわらかいブラシで落とす。

靴の表面についたホコリや汚れを馬毛などのやわらかいブラシで落とす。

2.やわらかい布の上に真珠粒大の靴用クリーナー(汚れ落とし)をとり、なじませる。 ※このとき布を指にしっかり巻き付けると作業がしやすい。

やわらかい布の上に真珠粒大の靴用クリーナー(汚れ落とし)をとり、なじませる。

3.2の布で靴の表面を拭く。

布で靴の表面を拭く。

4.こすれなどで色が薄くなっているところを中心に、靴墨(または補色用クリーム)を全体に塗布する。

こすれなどで色が薄くなっているところを中心に、靴墨(または補色用クリーム)を全体に塗布する。

5.豚毛などの硬めのブラシを使って、靴の表面に塗った靴墨をなじませる。

豚毛などの硬めのブラシを使って、靴の表面に塗った靴墨をなじませる。

6.靴全体を2の布の裏面などでからぶきしてツヤを出す。

7.仕上げに雨やホコリなどの汚れから靴を守るフッ素系防水スプレーをかける。

雨やホコリなどの汚れから靴を守るフッ素系防水スプレーをかける。

革にひびが入ってしまったら

レザーのパンプスを履いていると、革がひび割れしてしまうことがありますよね。これは、革の水分や油分が不足し、乾燥してしまうから。靴も人間の肌と同じで、お手入れをしないと肌荒れのような状態になってしまうのです。

定期的に靴用クリーナーなどで油分を与えて予防することで、靴をきれいに長持ちさせることができます。

取材協力:ミスターミニット

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事