食材やレジ袋を美しくディスプレイしながら使える収納グッズ

野菜やスーパーのレジ袋など、すっきり片付けるのが難しいものは、おしゃれなアイテムを使って整理整頓してみては?今回は、機能性が高く、見た目も美しいキッチンの便利グッズを紹介します。

野菜や果物を美しく“見せる”収納

常温保存が可能な野菜を段ボールやビニール袋に入れたまま、玄関や廊下、物置などで保存していませんか?普段目に入らない場所に置いておくと、つい忘れてしまい、気がついたときには野菜が傷んでいることもしばしば。

このバスケットに野菜を入れて、キッチンにディスプレイすれば、そんな心配も無用。使用時は幅を約22cmまで広げられるのに、使わないときは3cmまで小さくたためます。

shunob01a

商品情報

インテリアバスケット Supple」(1,644円)

ディスプレーしながら食材を乾燥させ、保存にも役立つネット

タマネギやニンニクなど、常温保存可能な野菜を入れて吊るせるネット。吊るすためのヒモがついた上部から野菜を入れて、下部から取り出せる構造なので、鮮度の順を間違うことなく使えます。

アップル・ポテト・オニオンなどの英字ロゴが表面に入っており、インテリアとしてもおしゃれです。色やサイズによって価格が違うので、使用スタイルに合わせて選びましょう。

アタリa

商品情報

ベジネット」(704円~)

ティッシュボックスのようにレジ袋を取り出せる専用ホルダー

用途が多いから保存しておきたいけれど、収納に困るレジ袋。スタイリッシュに収納したい方におすすめなのが、このホルダー。上の穴からレジ袋をどんどん押し込んで収納し、使うときは正面の溝から取り出すだけ。

まるでティッシュボックスのような使い心地に感動するはずです。キッチンやダイニングに置いてあっても気にならないシンプルなデザインも人気です。

shunob03a

商品情報

レジ袋収納ホルダー」(3,564円)

日常的に使うものだからこそ、ちょっとした収納環境の向上が家事のモチベーションアップにもつながるはず。ぜひ試してみてください。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事