[タオルソムリエに聞く]タオルの寿命は洗濯30回!? ふわふわの肌ざわりがよみがえるタオルの洗い方

 

今までタオルの洗濯方法や干し方にはまったく気をつかわずにいたわが家。しかし、買ったばかりのタオルでさえ、すぐゴワゴワしてしまうので、さすがに原因があるのではと思い始めました。そこで今回はタオルソムリエの寺田元さんに、風合いよく仕上がるタオルの洗い方・干し方を聞きました。

タオルの寿命は洗濯30回!?

「タオルには寿命があるのをご存じでしょうか?実は洗濯30回が目安です。タオルは自然の綿でできていますので、洗濯や使用により消耗し、繊維が傷むことによって固くなってしまうのです。繊維が短いタオルは特に消耗が早いので、あらかじめ、超長綿を使用したタオルをお選びいただくといいでしょう」と寺田さん。

洗い方・干し方次第で長持ちする!

「タオルの繊維の組織が傷んでいない限りは、洗濯後の干し方によっては復活することもあります。日頃から洗い方に気をつければ、消耗を遅らせることにもつながりますよ」とのこと。寺田さんに聞いたテクニックをもとに、2年使ってすでにゴワゴワになってしまったタオルを洗ってみることにしました。

正しいタオルの洗い方① 洗濯機に詰め込みすぎず、たっぷりの水でやさしく洗う

「ポイントは、洗濯機に詰め込みすぎず、水量を多くして、ゆったりと洗うこと。この方法なら、ニオイの原因となる皮脂の汚れもしっかりと落とせます。洗剤を入れ過ぎると浴槽内の裏側に石鹸カスとなってたまり、雑菌の繁殖やカビの原因になるので要注意。また使い始めはタオル自体がやわらかいので、柔軟剤を使わなくても大丈夫です」(寺田さん)。
 
たっぷりの水で洗う…けれど節水もこころがけたいのが主婦の本音です。
そこで洗剤は1回のすすぎでキレイに洗える「ウルトラアタックNeo」をチョイスしました。

DSC02540a

正しいタオルの洗い方② 干すときは20回、上下に振って毛足を揃える

「洗い終えたら、下の写真のようにタオルを半分に折り、折り目の両端を持って20回パタパタと振ってください。こうすると繊維の方向が揃うので、乾いてから、いつもよりふんわりとしたタオルになりますよ。天日干しだと繊維が傷みやすいので、風通しのいい場所でかげ干しするのがベストです」。

DSC02496a

 

効果を実感するために、寺田さんのテクを実践したタオルとしなかったタオルと一緒に干してみました。この時点で、すでに風合いに違いがありますね。

DSC02952a

さらに乾いた状態をチェックすると、本当に差が出ている!テクを実践したタオルは毛足が揃ってふんわり、洗う前よりも風合いが増しています。感触も良くなり、水もよく吸ってくれる感じ。

DSC02550a

 

ふわふわの肌ざわりで子どもたちも大喜びです。

タオル1a

いつものタオルが簡単な方法でよみがえるテク、ぜひ実践してみてくださいね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事