インテリアと掃除で実践!エコ涼しい部屋づくりのポイント

 

子どもたちが赤ちゃんだった頃は窓を開けておくと危ないので、夏の暑さしのぎはエアコン頼みだったわが家。でも、息子4歳、娘2歳になった今、そんな生活では毎日の電気代が気になってしかたありません。そこで、エアコンの設定温度を上げても、子どもたちに文句を言われない、わが家のエコ涼しいテクニックをご紹介します。

足元サラサラ、い草ラグで涼しげな雰囲気に

い草ラグをサッと敷くだけで、部屋の雰囲気を涼しげにイメージチェンジ。素足に伝わる自然なひんやり感や、ふわっと香る清涼感ある香りが森林浴のようで、暑い季節も快適に。

photo3a

い草は湿度の高いときには湿気を吸収し、乾燥したときには水分を放出。快適な湿度を保ってくれるい草は、まさに天然のエアコンと呼ばれているそう。

クッションカバーを麻素材に

ソファなどの大物家具で季節感を演出するのは難しいので、クッションカバーを麻素材のものに変えて夏仕様に。

photo5a

吸湿性に優れ、さらっと涼感のある麻は、肌に張りつきにくく夏にぴったりの素材。

色も寒色にすると、暖色の時よりも部屋を涼しく感じられる効果もあるそう。

朝型家事にする

洗濯や掃除など、重労働の家事は、いつもより少しだけ早起きして、朝のうちに片付けてしまうのもアリ。

家族が起き出してくると、部屋の温度も上がってムッと暑くなるし、物理的に太陽もさんさんと輝き始めてしまうので、まだ日の低い朝の涼しい時間を活用するのがおすすめです。

香りの効果で、不快なトイレをひんやり

暑い夏の間、ほかの部屋からトイレに行くと、ムワッとこもったニオイでひときわ暑さを感じたことはありませんか? そんなときには、トイレ掃除にもひと工夫。

photo9a

「トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレーAROMA エッセンシャルローズの香り」で、床や便器を拭き掃除したり、用便後にスプレーしておけば、天然アロマがふんわり香って、暑さの感じ方も軽減されるはず。

暑いからとエアコンの設定温度を下げたり、風量を強くしたりしがちな夏。でも、肌に触るものや香りなど、心地いいものを上手に取り入れるなど工夫をすれば、体感温度も下がって、ゆるっとエコな生活ができますよ。

 

商品情報

天然アロマエッセンスを配合したエッセンシャルローズの香りのトイレクリーナー

トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレーAROMA エッセンシャルローズの香り

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事