[モンベルに聞く]登山靴を長持ちさせるためのお手入れ方法

 

学生時代は登山が趣味で、北アルプス縦走などをしていた私。子どもが大きくなったので、今年は久しぶりに登山を再開させようと思っています。ずっとしまっておいた登山用品を出さなくちゃ。そういえば、登山靴の手入れ方法って、きちんと習ったこともないし、手入れが悪いと、いざ山に行ったときにトラブルに遭うこともあるそう。そこでアウトドアグッズメーカー「モンベル」に正しい登山靴のお手入れ方法を聞きました。

使用後に心がけたい登山靴のお手入れ

準備するもの

  • 靴用ブラシ(または使い古した歯ブラシ)
  • 古くなったタオル
  • スポンジ(食器洗い用や車洗い用でOK。新品)
  • ブーツクリーナー
  • 撥水スプレー

手順

1.登山靴から汗や汚れのついた中敷きを出して、よく乾燥させます。

monbell_shoes02a

 

汚れのひどいときは、洗剤とブラシを使って水洗いましょう。

ニオイの元になる雑菌を繁殖させないためにも、重要!

2.登山靴の表面についた土や砂ボコリ、汗などをブラシを使って落とします。

アッパー(靴の表面)は靴用ブラシ等(ヌバック皮製品の場合は専用ブラシ)でブラッシングしながら汚れをかき落とし、頑固な汚れは水洗いをしましょう。

皮革パーツの部分は、専用洗剤で洗うと油分も保てるのでおすすめです。

靴紐はネットに入れて、洗濯機で洗います。

monbell_shoes03a

土や砂ぼこり、汗などを残ったままにしておくと、 輪ジミや底のヒビ割れなど故障の原因に。

 

3.靴底を水洗いします。

monbell_shoes04a

頑固な土には使い古しの歯ブラシを、つまった石にはマイナスドライバーを使うと、簡単に汚れが取り除けます。

4. 直射日光を避けて、風通しのよいところで2〜3日かけて陰干しし、乾燥させましょう。

monbell_shoes05a

十分に乾燥していない状態で、しまい込むと、皮が硬くなるので注意。

5.皮革製ブーツには、保革クリームを塗布。その後、撥水スプレーをかけ、自然乾燥させます。

布製の登山靴には撥水スプレーのみ塗布します。

monbell_shoes06a

スプレータイプの保革剤入り撥水剤を使用すると、保革剤を塗る手間が省けて楽ちん。

ヌバック皮製品の場合は、クリームタイプの保革剤を塗り込むと風合いが変わるので、スプレータイプの保革剤入り撥水剤がおすすめ。

ヌバックやスエード、ファブリック(布)の両方に使用可能な撥水剤もあります。

6.お手入れが済んだら、風通しの良い靴棚にしまいましょう。

靴底の接着剤やポリウレタン製の中敷きは湿気で劣化したり、変形したりするので、紙箱やコンテナボックスにしまうのは避けましょう。

接着剤が劣化すると、靴に隙間ができたり、歩行中にウレタンソールがはがれるなどのトラブルにつながります。

7.故障を見つけたら、メーカーに問い合わせましょう。

久しぶりに登山靴を使うときは、ソールや中敷きなどが劣化していないか、よく点検しましょう。

monbell_shoesCa

型くずれや変形、へたりの場合は買い替え時期ですが、ソールなどは張り替えられる場合もあるため、故障を発見したら、購入した登山靴の製造メーカーへ問い合わせてみましょう。

靴のケアは登山中のケガ防止や疲労軽減のため

登山靴の種類・素材は数あれど、きちんと汚れを落とし、乾かして、保護する、という工程はどれも同じ。次に使うときに気持ちよく、また自分の足に合った愛着のある靴を長く使うためにも、使った後のお手入れがとても重要なんですね。

取材協力:モンベル

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事