イヤな黄ばみにサヨナラ! 汗ジミができたときの対処法とは?

お気に入りの白いシャツの脇の下部分が、いつの間にかうっすら黄ばんでいる……そんな時も諦めないで! 

早めの対処できれいな状態に戻せるかもしれません。

洗える衣類はためこまず、すぐに洗濯を!

透明に見える汗ですが、含まれる皮脂やタンパク質が衣類に付着して変質すると、黄ばみにつながります。

汗をかいた衣類は、乾いても汗の成分は残っている状態。

洗える衣類の場合は、汗をかいたら早めに洗濯することで、通常の洗濯でも汗ジミを落とすことができます。

また、液体の酸素系漂白剤を洗剤と一緒に使うと、黄ばみの元をためこみにくく、黄ばみ予防にもなります。

ガンコな汗ジミには、漂白剤でスペシャルケアを

洗濯してもシミが残る場合は、完全に皮脂汚れが落とし切れていないことが原因です。

黄ばみを落とす効果の高い、粉末の酸素系漂白剤でスペシャルケアを行いましょう。

40℃の湯に粉末の酸素系漂白剤を溶かし、衣類を30分ほどつけおきした後、普通に洗濯して乾かします。粉末酸素系漂白剤は毛・絹には使用できないので注意しましょう。

白物の衣類なら、よりシミ抜き効果の強い、塩素系漂白剤を使うこともできます。

まとめ

  • 衣類は早めに洗濯することで、汗ジミを落とせる
  • 汗ジミが残ってしまったら、漂白剤でスペシャルケアを

商品情報

汗・皮脂や菌まで強力分解!「ワイドハイター EXパワー

シミ汚れからニオイまでスッキリ!「ワイドハイター EXパワー 粉末タイプ

白物の漂白ならコチラ「ハイター

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事