床や壁についてしまったクレヨン・油性ペンの跡を消す方法

壁の材質を確かめてから、クレヨンは「かんたんマイペット」、油性ペンは「アルコール」を使って布で拭きとりましょう。

いたずら盛りの子どもがいると、目を離したすきにクレヨンや油性ペンで壁に落書き、なんてことありますよね。カミナリを落とす前に汚れをキレイに落としたいものです…。今回は、クレヨンや油性ペンの落書きを消す方法をご紹介します。

クレヨンの汚れはリビング用洗剤で落とす!

お絵描きでもして遊んでいてねとクレヨンを渡したら、壁に落書き!油性の汚れなので水拭きでこすってもなかなか落ちません。でもそんな手強いクレヨンも、リビング用洗剤「かんたんマイペット」で落とすことができるんです。

<クレヨンの消し方>

1. 目立たない場所で試して、床や壁の材質に変化がないことを確かめる。(特に壁紙が水分を吸わない材質か確認)

2.「かんたんマイペット」を乾いた布にスプレーして拭く。布にクレヨンがついてくるので、布が汚れたらキレイな面に変える。

凸凹のある壁の場合は、古い歯ブラシに洗剤をつけて軽くこすってください。

3.水拭きした後、乾いた布で水分を拭きとる。

油性ペンの汚れはアルコールやクレンザーで落とす!

子どもに油性ペンを持たせるときはよく注意しているのですが、うっかり床や壁へ落書きされてしまうことも。油性ペンの場合も材質を確認してから対処しましょう。

<ビニールクロスの場合>

布にアルコールをしみ込ませて、汚れを拭きとる。

※布壁の場合アルコールの使用はNG。汚れがにじんで目立ってしまいます。

<人工大理石の場合>

アルコールで落ちなければ、「ホーミング」などの液体クレンザーをつけた布で汚れをこすりとる。

専用の油性ペン落とし剤を使うという方法もありますが、注意表示をよく読んでから使用しましょう。

壁の汚れはどうしても目立ってしまうし、壁紙も簡単に取り替えがきかないもの。でも、壁の材質を確認して、適した方法ですぐに対処すれば大丈夫。今までナーバスだった子どもの落書きにも、少しおおらかな気持ちになれそうです。

商品情報

かんたんマイペット

ホーミング

メイン写真:Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事