床やテーブル、壁についてしまったクレヨンや油性ペンを簡単に落とすワザ

 

いたずら盛りの子どもがいると、目を離したすきに壁にクレヨンや油性ペンで落書きなんてこと、ありませんか。カミナリを落とす前に汚れをキレイに落としたいものです…。今回は、壁についたクレヨンや油性ペンのクリーニング方法をご紹介します。

クレヨンによる落書きの落とし方

子どもがずっと家にいる夏休み。お絵描きでもして遊んでいてねと、クレヨンを渡したら壁に落書き!クレヨンの汚れを落とすのは難しいものですが、どうしたら落ちるのか調べてみました。

  1. 壁の材質を確かめる。
  2. ビニールクロスの壁など水拭きできる材質の場合、汚れている箇所に「かんたんマイペット」をスプレーし、乾いた布で拭く。
  3. 最後に水で清め拭きする。

かんたんマイペットは布壁には使えません。必ず壁の材質を確かめて。

壁の材質によってはシミになることも。まず壁の目立たないところで試してから使いましょう。

油性ペンによる落書きの落とし方

子どもに油性ペンを持たせるときはくれぐれも注意しておきたいものですが、うっかり床や壁へ落書きされてしまったときの対処法をご紹介します。

  • ビニールクロスの壁の場合…布にアルコールをしみ込ませてから汚れを拭きとる。
  • 玄関などの人工大理石の場合…ホーミングなどの液体クレンザーをつけた布で汚れをこすりとる。アルコールで落ちる場合も。

 専用の油性ペン落とし剤を使うという手もありますが、注意表示をよく読んでから使用しましょう。

布壁の場合、アルコールの使用はNG。汚れがにじんで余計に目立ってしまいます。

壁の材質によってはシミになることも。まずは壁の目立たないところで試してみましょう。

壁の汚れはどうしても目立ってしまうし、壁紙も簡単に取り替えがきかないもの。でも、壁の素材の確認&時間があまり経たないうちにクリーニングすれば大丈夫。今までナーバスだった子どもの落書きにも、少しおおらかな気持ちになれそうです。

商品情報

住まいのいろいろなところに使える、ふきそうじ用洗剤

かんたんマイペット

コンロのがんこな油汚れやなべのコゲつきも落とす液体クレンザー

ホーミング

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事