アレルギーを引き起こす、パンケーキシンドロームに要注意!

お好み焼き粉やホットケーキミックスなど、開封後の粉類を簡単に輪ゴムでしばっただけの状態で、台所の棚にしまっていませんか? 

もしかしたら中にダニが繁殖しているかも…。

ダニが混入した粉類を調理して食べることで起こるアレルギーは「パンケーキシンドローム」と呼ばれ、これまでアレルギーを起こしたことがない人でも発症することがあるそうです。

台所には、ダニが繁殖しやすい条件が揃っている

ダニはエサ、潜る場所、温湿度の条件が揃うと繁殖します。

エサはカビや人の垢、食べ物など。

でんぷん、タンパク質、旨味成分を含むお好み焼き粉やホットケーキミックスはダニの格好のエサになります。

潜る場所は、家庭内では畳やじゅうたんなどに多く生息していると言われることからも分かるように、狭くて潜りやすい場所を好みます。粉類の入った袋の中も同様ですね。

温度は25〜30℃、湿度は60~80%を好みます。

台所で常温保存されている粉類には、このようなダニが好む条件が揃っているため、繁殖しやすいのです。

じんましんや全身ショック症状を引き起こすことも!

ダニアレルゲンは熱に強いため、ダニが入り込んだ粉類は、たとえ加熱調理をしてもアレルギー症状の発生を防げません。

ダニが混入した粉類で作った料理を食べることで、これまでアレルギー症状が出たことがない・アレルギーの自覚がなかったという人でも、ダニアレルギーの症状を発症する可能性があります。

症状は、主に全身の紅斑、じんましん、かゆみ皮膚症状ですが、呼吸困難、意識低下、ショックなどの全身的なアナフィラキシーを起こす人も。

いずれも摂取した直後から1時間以内に発症しているケースがほとんどです。

粉類はできるだけ早めに使い切ること!

粉類は開封後、早めに使い切ることを意識しましょう!

ダニは体長が0.3〜0.5ミリメートルと非常に小さく、開封した袋のわずかなすき間からでも侵入します。

輪ゴムやクリップでとじたり、密閉容器に保存したりしてもダニが入り込む可能性があります。

また袋や容器に入りこんだダニは、条件が揃えば短期間で繁殖してしまいます。

どうしても残ってしまったら、冷蔵庫で保存を。低温ではダニは繁殖できません。

冷蔵庫で保存する場合は、吸湿やニオイの吸着を防ぐため、密閉容器に入れて早めに使い切りましょう。

参考:「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

まとめ

  • エサ、潜る場所、温湿度の条件が揃う台所にはダニが繁殖しやすい
  • ダニが混入した粉類を食べるとアレルギー症状を起こすことも
  • 粉類は早めに使い切ること。残ったら密閉して冷蔵保存を

実はこんなところにもダニが潜んでいます

 

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事