[ビックカメラに聞く] 今、売れているドラム式洗濯機はコレ!

 

デザインが気に入り、ひとり暮らし時代から愛用している外国製のドラム型洗濯機。結婚後も変わらずに使用していたのですが、最近、洗濯のたびに地響きのようなうなり声を上げ、床が抜けるんじゃないかと気が気ではありません。そろそろ買い替え時かも。買い替えるなら、やっぱりドラム式がいいと思うのですが、どんな機種が売れているのか、「ビックカメラ 有楽町店」スタッフ・林龍一さんに聞いてみました。

洗濯槽の汚れがつきにくい、優秀ドラム搭載

表からは見えないので意外と気づきにくいのが洗濯槽の裏側。実はココ、カビなどの雑菌や洗剤カス、水アカなどがたまりやすい場所なのだそう。定期的に掃除しないと、雑菌が混ざった水で洗濯をしている!?なんてことになりかねません。

「東芝〈マジックドラム〉搭載『ヒートポンプドラム ZABOON』は、洗濯槽に汚れを寄せつけない特殊加工〈防汚コート〉を施しています。さらに、脱水時の高速回転による水の勢いを利用し、洗濯槽の裏側までAg⁺抗菌水で洗い流してくれるので、いつでも洗濯槽を清潔に保ってくれます」(林さん)。

ドラム1ー東芝ZABOONa

洗濯槽の汚れだけでなく、洗いからすすぎまで、このAg⁺抗菌水を使っているから、衣類の抗菌にもなるという一石二鳥の優秀洗濯機。

また操作はタッチパネル式で、生活感を感じさせないデザイン性の高さも選ばれている理由のようです。

乾燥機を多用する人におすすめ

共働きや小さなお子さんがいる家庭では、毎日外干しをすることが難しいため、乾燥機を利用する機会も多いですよね。そんな方におすすめなのが、日立「ビッグドラム」。

高速風で衣類を舞い揚げ、シワを伸ばしながら乾燥させるので、シワがつきにくいのが特徴です。また約60℃以下の低温乾燥なので、衣類の縮みや傷みもおさえてくれます」(林さん)。

ドラム2ー日立ビッグドラムa

Yシャツなど1kg程度の衣類乾燥なら、アイロンをかけずに着られるほどのハイレベル。

また、一般的に、ドラム式のたたき洗いはゴワつきが出やすいと言われていますが、「ナイアガラ洗浄」というゴワつきが出にくい洗い方なので、問題なし!

温水洗浄でガンコな汚れもしっかり落とす

子どもの衣類についた泥汚れや食べこぼしなどのガンコな汚れ、水ではなかなか落ちないですよね。そんなガンコな汚れも、温水を使ってキレイに落としてくれるのが、こちら。

温水機能があり、水温が15℃以下になる冬などは自動で15℃にします、また皮脂汚れに効果的な40℃の設定や、洗浄とともに除菌もしたいという時は約60℃に設定することもでき、ガンコな汚れまでしっかり落とします」(林さん)。

ドラム3ーパナドラムa

温水でしっかり洗うことで、目に見えない皮脂汚れや、あきらめかけていた黄ばみの除去にも効果が期待できるそう。

また、低温で乾かす「ヒートポンプ乾燥」なので、衣類の傷みをおさえて、ふっくらやさしい肌触りに仕上げてくれるのもうれしいポイントです。

商品情報

パナソニック「ななめドラム洗濯乾燥機【NA-VX7300L-W】

ひと口にドラム式と言っても、特徴はさまざま。わが家で使っているひと昔前のドラム式洗濯機とくらべて、格段に性能がよくなっているのを実感しました。多方面から比較検討して、自分にぴったりの洗濯機を選びたいと思います。

取材協力:ビックカメラ 有楽町店

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事