耐震グッズを取り付ける前に!結構汚れている食器棚、冷蔵庫のお掃除テク

 

地震に備えようと、耐震グッズを購入。でも、いざ取り付けようと冷蔵庫の上を見ると、どっさりホコリが積もっていました(泣)。「東急ハンズ新宿店」販売促進の二宮養成さんによると「耐震グッズを取り付けるときに気をつけたいのは家具や家電、壁などのホコリや汚れ。汚れているところにそのままつけると、すべりやすくなり、効果は半減します」とのこと。今回は耐震グッズを取り付ける前に行いたい、キッチン周りのお掃除についてご紹介します。

食器棚や冷蔵庫の上下は定期的にお掃除を

食器棚や冷蔵庫の上下は目につきにくいので、どうしても掃除をさぼりがち。しかし、ホコリが溜まり、キッチンの油煙を吸ってしまうとベタベタしてしまうので手に負えません。

突っ張り棒や転倒防止板を取り付ける前はもちろん、定期的にホコリがたまらないよう「クイックルワイパーハンディ  伸び縮みタイプ」でお掃除しておきましょう。

その際、手アカなどの気になる汚れがついていたら、「かんたんマイペット」をやわらかい布にスプレーして、やさしくふき取ります。

直接スプレーすると変色する可能性があるので、必ず布にスプレーしてから使いましょう。

白木やニス塗り、漆塗りなどのほか、水がしみこむものには使えません。

食器棚のガラス戸もキレイにしましょう

キッチン内に設置されていることが多い食器棚のガラス戸は、意外と汚れているもの。飛散防止フィルムを貼るとき、ガラスが汚れていると密着しないので、忘れずにガラス戸もお掃除しましょう。

油のベタベタが気になるときは、「キッチンクイックル」がおすすめ。洗浄成分を含んだ丈夫な凸凹シートだから、飛びちった油汚れもスッキリ拭き取れます。完全に乾いてからフィルムを貼ります。

耐震グッズを取り付ける場所は、大掃除の時ぐらいしか掃除しない場所ばかり。この機会にキレイにして、安心な防災対策につなげたいですね。

商品情報

ホコリ・ハウスダストを吸着性の高いファイバーが、舞い上げず、からめとる

クイックルワイパーハンディ  伸び縮みタイプ

住まいのいろいろなところに使え、2度ぶき不要のふきそうじ用洗剤

かんたんマイペット

油汚れをスッキリ落とし、除菌もできる台所用掃除シート

キッチンクイックル

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事