ちょっとしたコツで大掃除知らず! “予防掃除”のススメ

医療には、病気になってから治すのではなく、病気を未然に防ぐ“予防医療”という考え方があります。

その考え方、実は掃除にも応用可能なんです。

普段の掃除だけではなかなか行き届かない場所。

例えば、キッチン、お風呂、トイレ。

こういった場所にはしつこい汚れがたまりやすく、ほうっておくと掃除も一苦労です。

そんな場所には “予防掃除”が有効です。

汚れがたまりやすいところに、あらかじめガードをほどこしておけば、汚れが定着しなくなり、掃除が断然ラクになります。

“ちょこっと”と“敷くだけ”で予防

例えば、キッチンの場合。

普段あまり掃除しない冷蔵庫の上は、いざやろうとすると、油煙がついたベタベタなホコリが溜まりやすく、掃除も大変。

でも、あらかじめ冷蔵庫の上にラップを1枚敷いておけば、それだけで汚れがつくのを防げます。

photo

同じように、

  • トースターのパンくずトレイにアルミホイルを敷いておく
  • 換気扇にはフィルターをつけておく
  • 液だれする調味料の下にキッチンペーパーを敷いておく

といった“予防掃除”をほどこしておくことで、掃除の手間は大幅にカットできます。

掃除しなくて済む便利グッズを買い揃える

 お風呂のカビやトイレの予防掃除には便利なグッズを活用しましょう。

例えば、

  • お風呂のフタや洗面器を銀イオン配合のものに買い換える
  • お風呂の天井にバイオの力でカビが生えないアイテムを貼りつける
  • 汚れが付きにくくなる効果のあるトイレ用洗剤などを使う

こういったグッズを使えば、簡単な掃除だけで大掃除が不要になります。

汚れが溜まりやすい場所には、汚れを未然に防ぐ“予防掃除”ができないかも考えてみてくださいね。

 

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事