スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

【イラスト解説】食べこぼし汚れは早めのシミ抜き応急処置でキレイに

①早く②こすらず③汚れを他の紙に移しとる、が基本手順。ケチャップ等、油を含む汚れは石けんを使って落としましよう。

ミートソースやハンバーグを食べると、服へのソースの飛び散りが気になりますよね。せっかくの楽しい食事で焦らないためにも、食べこぼし汚れの応急処置は覚えておきたいですね。

シミをつけたらすぐに処置!こすらずたたくがポイント

シミの応急処置は①早く、②こすらず、③汚れをほかの布(紙)に移しとる、が基本です。シミをつけたらできるだけすぐ、外出先でも応急処置を行うことで後の仕上がりが変わってきます。また、シミが広がるのを防ぐため、こすらず周辺から中心に向かってたたくのが基本動作になります。

「水に溶けやすい」「油を含んでいる」で、シミを大別

食品のシミは、大きく「水に溶けやすい」「油を含んでいる」の2種類に分けられ、種類によって手順が多少変わるので違いを覚えておきましょう。

<シミの種類>

・水に溶けやすいシミ:しょうゆ、茶、コーヒー、ジュースなど

・油を含んでいるシミ:ケチャップ、カレー、ドレッシング、口紅など

「水に溶けやすいシミ」は濡らして移しとる

<用意するもの>

・ハンカチ

・ティッシュや紙ナプキン

水溶性のシミの応急処置

「油を含むシミ」は油分をとってから、石けんで落とす

<用意するもの>

・ハンカチ

・ティッシュや紙ナプキン

・ハンドソープや石けん

番外編:チューインガムは冷やし固めて取る

1.チューインガムが付いた部分を氷で冷やし、つまみ取る。

2.それでも残っていたら、ベンジンか洗剤の原液をつけた歯ブラシでたたく。

子どもだけでなく、大人もうっかりつけてしまう料理や飲み物のシミ。外出先での応急処置法を知っておけば、お気に入りの服で食事に出かけても大丈夫ですね。どんなシミでも、自宅に帰ったら、時間をおかずに洗剤と漂白剤を使って洗濯しましょう。

メイン写真:Getty Images

イラスト:今井久恵

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事