時短掃除を実現!“床に物を置かない”状態に近づく2つのテクニック

なるべく「吊るす」、重いものはキャスターに載せて「可動式にする」の2つのルールで、掃除の際、物をどかす時間を短縮!

掃除をするとき、床や棚にたくさんモノが置かれていると、それをどかすのに時間がかかってしまいますよね。そこで提案!家中を掃除がしやすい環境にしてしまいましょう。

理想は、床や棚に何も置かれていないこと。でも、さすがにそれは難しいので、私が家でやっている“掃除をしやすくするため”の「吊るす」「可動式にする」テクニックをご紹介します。

ハンガーやフックで吊るしてみる

掃除機をかけるときに邪魔になる、床に散らばったスリッパは、壁にタオル掛けハンガーを取りつけて引っ掛ければ、掃除がスムースになります。

テレビの後ろのケーブル類も、床に広がっていると掃除がしにくいので、結束バンドやスパイラルチューブなどを使ってまとめ、フックでTV台の裏に吊るしています。

同じように、浴室の洗剤やスポンジもフックにかけておきましょう。フックは扉の裏にかけてもよいですし、ステンレスパイプにS字フックをかけるのもオススメです。

キッチンにて、ステンレスパイプにS字フックがかかっていたり、扉の裏にフックがついていたりする様子

吊るしておけば、掃除の際にいちいち物をどかす必要がなくなる上、台に置いたときと比べて、カビ防止にもなります。

床に置く重いものはキャスターに乗せて「可動式」に

大きな観葉植物は、床に置くしかないですが、掃除のたびに「よいしょ」と持ち上げるのも大変。私の家では、キャスターの付いた台に乗せて簡単に動かせるようにしています。

キャスターの付いた台に乗せて簡単に動かせるようにします

同じように、床に置いているゴミ箱もキャスター付きのものに変えるのがオススメです。片手で移動させながら掃除できれば、かかる時間も労力も大きく削減できます。

メイン写真:Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事