[人気ブロガーはちみつさんに聞く]100均アイテムだけで作れる!壁の凹みを利用した収納術

 

自宅のつくりをよく見てみると間取りの関係で、壁面にちょっと凹んだようなスペースはないでしょうか?とくに気にしていない人も多いかもしれませんが、じつはこの凹んだ部分を上手に利用すると、新たな収納スペースに早変わりするんだそう。

今回は、実際に壁面の凹みを利用して収納スペースを作っている、人気ブロガー「はちみつ」さんに、その方法を聞きました。

使うのは100均商品のみの簡単収納術

「ウォークインクローゼットの左側の壁をふと見ると、わずかな凹みを見つけました。入口の近くなので、床にカラーボックスを置いては邪魔になるし、忙しい朝にはぶつかってケガの元になるかも…いかに動線の邪魔にならず、でも凹みを活用できる方法はないものかと頭を悩ませていました」とはちみつさん。

hekomi01a

 そんなときに思いついたのが、突っ張り棒とS字フックでつくるひっかけ収納だったそう。

壁の凹みを生かす、ひっかけ収納の作り方

用意するもの

  • 壁の凹みに合う長さの突っ張り棒
  • S字フック のみ

hekomi02a

作り方は、壁面の凹み部分に突っ張り棒を渡し、あとはS字フックをひっかけるだけ。

どちらも100均の商品で十分とのことなので、 すぐに実践できそうですね。

はちみつ流ひっかけ収納の活用法

このひっかけ収納には、帽子やサングラス、ベルトやスカーフなどの軽いものを中心に収納しているというはちみつさん。

hekomi03a

 

「クローゼットで毎日コーディネートを考えるときに、目に見えて並んでいると選びやすいし、見た目も楽しいかなと思いました。ただ、あまり重いものはひっかけられないので注意。また、壁面に凹みがある場所ならどこでも応用可能なんです。

たとえば玄関だったら、家の鍵や首から下げるパスカード。犬を飼っているなら、リードやお散歩バッグなどをひっかけるのもオススメです」。

探してみると、ちょっとした壁の凹みって意外とあったりするもの。このひっかけ収納を利用すれば、日々の暮らしがもっと快適になりそうですね。

取材協力:はちみつさん

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事